「 女性の癌・乳癌・子宮癌など 」 一覧

乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以下 閉経が55歳以上 初産が30歳以上、出産していない 飲酒、喫煙、肥満 7割がエストロゲンという女性ホルモンが関係し

続きを見る

卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.7センチのブレンナー良性腫瘍と診断され2ヶ月前に両卵巣と子宮の摘出手術を施行。 術後病理検査の結果、卵巣がん高異型度漿液性腺癌と

続きを見る

子宮頸がん検診結果の読み方

子宮頸がんは子宮の入り口である子宮頸部から発生する癌で、原因は多くの場合性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因。 毎年約1万人が罹患し、2015年は約2700人が死亡した。 20

続きを見る

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額 アンジーことアンジェリーナ・ジョリーが「がん予防」で卵巣、卵管を摘出する手術をしました。 日本での検査の金額は25万円ぐらいだそうです。 日本で

続きを見る

ルミナールタイプの判断基準、抗がん剤治療はしたほうがいい?

質問 私の癌はリスクの高い乳がんですか? 34歳女性です。 乳がんステージⅡaで右乳房の全摘手術を受けました。 浸潤性乳管癌で、大きさは2.3センチ、グレードⅠ、ホルモン受容体は強陽性、HE

続きを見る

乳がんのリスクが高いと言われる人、見つける方法

麻木久仁子さんは48歳で、右手右足にしびれ4年前脳梗塞。 血液がさらさらになる薬を飲んでいる。 脳梗塞は、脳に血栓がつまり血液が流れなくなり脳細胞が壊死する病気。 若年性脳梗塞は30~50歳の若

続きを見る

乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。 国立がん研究センターが7月に発表した予測では、新たに診断される2014年の患者数は8万6700人に上るとされる。 患者は30歳代高判から急激に増加し、40歳

続きを見る

ノルバデックスは子宮内膜症の悪化が副作用。乳癌術後のホルモン治療

質問 44歳の女性です。 右乳房の部分切除術を受けました。 ステージⅠ、大きさは1.4センチ、リンパ節、多臓器への転移はありませんでした。 ホルモン受容体は陽性でHER2は陰性、Ki-67

続きを見る

男の乳がんもしこりでわかる。女は出産と母乳で癌になりにくくなる

乳がんは男でもなります。 日本人女性14人に1人がかかる乳がん。 年間200人ぐらい男性が乳がんと言われている。 さわればすぐにわかるしこりが特徴です。 男性でもマンモグラフィーできます。

続きを見る

乳癌術後ホルモン治療で生理が止まる止まらないは関係ない

乳癌術後の治療について、平成26年2月18日の産経新聞生活欄より。 ki67はがんの増殖活性を見る検査で、抗がん剤を選択する理由の一つになります。 質問 ki67が25%で抗がん剤治療をしなく

続きを見る

子宮体癌Ia期の高単位黄体ホルモン療法、成功するポイント

がん電話相談で子宮体癌Ia期の高単位黄体ホルモン療法の質問です。 産経新聞平成26年2月4日の生活欄よりです。 質問 28歳の女性です。9ヶ月前、子宮体癌Ia期と診断されました。 既婚

続きを見る

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑