乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

公開日: : 女性の癌・乳癌・子宮癌など

乳癌になりやすい人

40代後半~50代がピーク
初潮が11歳以下
閉経が55歳以上
初産が30歳以上、出産していない
飲酒、喫煙、肥満

7割がエストロゲンという女性ホルモンが関係しているので、エストロゲンの分泌が高まる月経回数が多いほど乳がんのリスクが高い。
乳癌入門として、乳がんの予防に関してわかりやすく記載しました。

乳癌ができる場所は90%が乳管

小葉+乳管=乳腺
小葉+乳管=乳腺
母乳を作る小葉
小葉で作られた母乳を乳頭まで運ぶ乳管がある
乳癌の90%は乳管から発生する。

自分でおっぱいを触るセルフチェック

乳癌は体の表面にできるので発見しやすい癌です。
乳房が張る時期には避ける
閉経前の人は月経終了後4日目~一週間ごろに行う
しこりの有無を確認するには上半身裸で石鹸をつけて見つけるのがいい
鏡に向かって手を上げて左右の変形や左右差がないかチェック

放射状に渦を巻くように触ってチェック
あおむけになり外側から内側に指を滑らせる

乳癌の硬さはクルミぐらいと言われている。
良性のしこりはグミのように柔らかくよく動く。
乳癌の硬さは硬くて凹凸があるのが特徴。
男性に触ってもらうのもあり。

健診

40歳以上は2年に一回自治体の検診が受けられる。
マンモグラフィー。しこりや石灰化(カルシウム沈着)の有無をレントゲンで調べる。

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない
乳癌の石灰化、沈着が見える
大きさが不ぞろい 一か所に石灰が集まっている場合は 悪性を疑う
大きさが不ぞろい 一か所に石灰が集まっている場合は 悪性を疑う
石灰化は触診でもしこりで見つけられない
マンモグラフィーでしか見つけられない
月経一週間後に受ける。我慢せず技師に伝える。

乳がんのしこりの大きさの判断基準

乳腺エコーが有用な理由

エコーも追加すると1.5倍乳がんが見つかる例もある。
乳腺はマンモグラフィーで白く映るががんのしこりも白く映る。
乳腺が豊富な人ほどがんが写りにくい。
つまり、若い女性の乳がんを見つけるにはエコー(超音波検査)が必要なのがわかる。

若い人の乳腺の写真を見ると全部真っ白なので見つけられない
若い人の乳腺の写真を見ると全部真っ白なので見つけられない。
乳腺の濃度が高いかどうか調べるのは、マンモグラフィーで患者に通知することになった。

遺伝子検査、保険適応外の実費で20万円前後かかる

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額
遺伝乳癌は5~10%
BRCA1、BRCA2などの遺伝子を調べる血液検査。
対象となるのは家族歴に、
40歳未満で乳がんを発症した人がいる
卵巣がんを発症した人がいる
男性で乳がんを発症した人がいる
父方、母方、どちらかの家系内で2人以上乳がんや卵巣がんを発症した人がいる

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑