乳がんのリスクが高いと言われる人、見つける方法

公開日: : 最終更新日:2017/08/29 女性の癌・乳癌・子宮癌など ,

麻木久仁子さんは48歳で、右手右足にしびれ4年前脳梗塞。
血液がさらさらになる薬を飲んでいる。
脳梗塞は、脳に血栓がつまり血液が流れなくなり脳細胞が壊死する病気。
若年性脳梗塞は30~50歳の若い頃に発症。

駆け込みドクター!の検査では、紡錘状脳動脈瘤または内頸動脈解離がまだあるそうです。

紡錘状脳動脈瘤

紡錘状脳動脈瘤は、血管が膨らんだ状態で、くも膜下出血の原因になりやすい。
破裂すると脳の表面を覆う膜、くも膜下が出血。
頭を強打、高血圧などが原因で起こります。

内頸動脈解離

内頸動脈解離は日本人は珍しいそうです。
頚動脈の内側の壁が剥がれて 血液が入り込み 膨らんだ状態

さらに2012年には乳癌をわずらったそうです。
左右両側で乳房の中にはりめぐらされる乳腺に出きる悪性腫瘍。
人間ドッグで見つかった。
乳癌は胸が大きい人がやるイメージだったが関係ない。
男性でもなる。

乳癌を自分で見つける方法

渦巻き状に触ってしこりがないか滑らせながら行う。石鹸をつかってもよい。
マンモグラフィという検査。
胸がないと余計痛い?技術も進んで痛くない。
健診率は40歳以上で3割だそうです。

乳がんのしこりの大きさの判断基準

乳がんのしこりの大きさの判断基準

  • Tis:非浸潤がん(超早期)
  • 0期:異常な影を認めないもの
  • 1期:2cm以下のしこり
  • 2期:2cmを超える5cm以下のしこり
  • 3a期:しこりが5cmを超えるもの
  • 3b期:しこりが皮膚などに及んでいるもの
  • 4期:他の臓器に転移がみられるもの

駆け込みドクターの放送より。

乳がんのリスクが高いと言われる人

乳がんのリスクが高いと言われる人

  • 初潮を12歳以下でむかえた
  • 55歳以上で閉経した
  • 35歳以上での初産
  • 母親や姉妹に乳がんになった人がいる

参考:乳がんの治療の種類

関連記事

白血球の減少を抑える薬として認可はされている

丸山ワクチン効くの効かないの?患者の希望で打てる安い癌治療薬

がん治療薬として認可をめぐり、国会で審議

記事を読む

no image

乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。

記事を読む

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと

記事を読む

no image

乳癌術後ホルモン治療で生理が止まる止まらないは関係ない

乳癌術後の治療について、平成26年2月1

記事を読む

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない

男の乳がんもしこりでわかる。女は出産と母乳で癌になりにくくなる

乳がんは男でもなります。 日本人女

記事を読む

no image

ノルバデックスは子宮内膜症の悪化が副作用。乳癌術後のホルモン治療

質問 44歳の女性です。 右乳房

記事を読む

no image

1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

質問 63歳女性です。両側乳癌で温存手

記事を読む

no image

ルミナールタイプの判断基準、抗がん剤治療はしたほうがいい?

質問 私の癌はリスクの高い乳がんですか?

記事を読む

no image

卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫

記事を読む

no image

乳癌の病状説明、ホルモン剤が効かない、服用を止めた場合

乳癌はタイプが違うと癌の性格が違い、ホル

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑