乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 女性の癌・乳癌・子宮癌など

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。
国立がん研究センターが7月に発表した予測では、新たに診断される2014年の患者数は8万6700人に上るとされる。
患者は30歳代高判から急激に増加し、40歳代高判~50歳代前半がピークとなっている。
早期発見、早期治療ができれば命を落とさずに済むことが多いのも乳がんの特徴。

治療には、局所治療と全身治療がある

局所治療には手術(全摘または温存手術)と放射線治療がある。
温存手術では通常、放射線治療と組み合わせる。
13年に人工乳房での再建手術が保険適用され、
再建を行える病院は増えており、温存率は下がる傾向にある。

全身治療は薬による治療のことで、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬を使う。
癌のタイプに応じて薬を選ぶ「個別化医療」が主流だ。

抗がん剤治療の判断に遺伝子検査の導入が進んでいる

抗がん剤治療を加えるかどうか、迷った時の判断指標として活用されている遺伝子検査がある。
それが、「オンコタイプDX」「マンマプリント」など。
近年導入が進んでいる。
ただしともに保険が効かず40万円ほどかかる。

乳がん治療が多様化する中、新しい知見を踏まえて標準治療を行っている病院を選ぶのが望ましい。
専門医がいるのか、同時再建手術が可能かなども事前に調べておくことも重要。

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑