乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 女性の癌・乳癌・子宮癌など

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。
国立がん研究センターが7月に発表した予測では、新たに診断される2014年の患者数は8万6700人に上るとされる。
患者は30歳代高判から急激に増加し、40歳代高判~50歳代前半がピークとなっている。
早期発見、早期治療ができれば命を落とさずに済むことが多いのも乳がんの特徴。

治療には、局所治療と全身治療がある

局所治療には手術(全摘または温存手術)と放射線治療がある。
温存手術では通常、放射線治療と組み合わせる。
13年に人工乳房での再建手術が保険適用され、
再建を行える病院は増えており、温存率は下がる傾向にある。

全身治療は薬による治療のことで、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬を使う。
癌のタイプに応じて薬を選ぶ「個別化医療」が主流だ。

抗がん剤治療の判断に遺伝子検査の導入が進んでいる

抗がん剤治療を加えるかどうか、迷った時の判断指標として活用されている遺伝子検査がある。
それが、「オンコタイプDX」「マンマプリント」など。
近年導入が進んでいる。
ただしともに保険が効かず40万円ほどかかる。

乳がん治療が多様化する中、新しい知見を踏まえて標準治療を行っている病院を選ぶのが望ましい。
専門医がいるのか、同時再建手術が可能かなども事前に調べておくことも重要。

関連記事

no image

1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

質問 63歳女性です。両側乳癌で温存手

記事を読む

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない

男の乳がんもしこりでわかる。女は出産と母乳で癌になりにくくなる

乳がんは男でもなります。 日本人女

記事を読む

白血球の減少を抑える薬として認可はされている

丸山ワクチン効くの効かないの?患者の希望で打てる安い癌治療薬

がん治療薬として認可をめぐり、国会で審議

記事を読む

no image

子宮体癌Ia期の高単位黄体ホルモン療法、成功するポイント

がん電話相談で子宮体癌Ia期の高単位黄体

記事を読む

no image

乳癌の病状説明、ホルモン剤が効かない、服用を止めた場合

乳癌はタイプが違うと癌の性格が違い、ホル

記事を読む

no image

ノルバデックスは子宮内膜症の悪化が副作用。乳癌術後のホルモン治療

質問 44歳の女性です。 右乳房

記事を読む

no image

ルミナールタイプの判断基準、抗がん剤治療はしたほうがいい?

質問 私の癌はリスクの高い乳がんですか?

記事を読む

no image

卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫

記事を読む

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと

記事を読む

小葉+乳管=乳腺

乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~5

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑