乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 女性の癌・乳癌・子宮癌など

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。
国立がん研究センターが7月に発表した予測では、新たに診断される2014年の患者数は8万6700人に上るとされる。
患者は30歳代高判から急激に増加し、40歳代高判~50歳代前半がピークとなっている。
早期発見、早期治療ができれば命を落とさずに済むことが多いのも乳がんの特徴。

治療には、局所治療と全身治療がある

局所治療には手術(全摘または温存手術)と放射線治療がある。
温存手術では通常、放射線治療と組み合わせる。
13年に人工乳房での再建手術が保険適用され、
再建を行える病院は増えており、温存率は下がる傾向にある。

全身治療は薬による治療のことで、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬を使う。
癌のタイプに応じて薬を選ぶ「個別化医療」が主流だ。

抗がん剤治療の判断に遺伝子検査の導入が進んでいる

抗がん剤治療を加えるかどうか、迷った時の判断指標として活用されている遺伝子検査がある。
それが、「オンコタイプDX」「マンマプリント」など。
近年導入が進んでいる。
ただしともに保険が効かず40万円ほどかかる。

乳がん治療が多様化する中、新しい知見を踏まえて標準治療を行っている病院を選ぶのが望ましい。
専門医がいるのか、同時再建手術が可能かなども事前に調べておくことも重要。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑