1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 女性の癌・乳癌・子宮癌など

質問

63歳女性です。両側乳癌で温存手術を受け、術後放射線治療を25回行いました。
腫瘍の直径は右が1.4センチ、左が1.7センチでステージⅠ、病理検査の結果、ホルモン受容体はER、PgRともに陰性で、HER2も陰性でした。
トリプルネガティブなので抗がん剤治療の対象になりますが、治療の有無は自分で決めるように言われ、「抗がん剤はしない」と返事しました。
最近になって本当にしなくてもいいのか不安になってきました。

トリプルネガティブ乳がんとは

乳がん全体の15%で「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンの受容体がなく、「HER2」というタンパク質の受容体もない乳がんのタイプ。
受容体が3つともない乳がんということです。
女性ホルモン受容体が陰性→ホルモン療法が効かない
HER2受容体が陰性→分子標的薬のハーセプチンなどが効かない
上記の理由による予後不良といわれている。

回答

乳癌の治療はまず、ホルモンに反応するタイプ(陽性)と反応しないタイプ(陰性)に大きく分けられます。
ホルモン陰性の人はホルモン治療の対象外となります。
ホルモン陰性でHER2という検査に反応するHER2タイプ(分子標的治療薬のハーセプチンが有効)と、それにも反応しないトリプルネガティブタイプがあります。

トリプルネガティブタイプは、ホルモン治療もハーセプチンによる治療も対象外となります。
このように乳癌治療をサブタイプで考えるようになってから、腫瘍の大きさに対する考え方が変わりました。
以前は2センチを境に抗がん剤を考えていましたが、今はホルモン陰性の場合、2センチまでの大きさのがんをさらに細かく考えるようになりました。

2センチ以下の癌の考え方

1センチ以上は抗がん剤を追加
5ミリ~1センチ以下は状況に応じてということになっています。

質問

抗がん剤を追加したほうがいいのですね?

回答

ホルモン陰性はホルモン治療が効かないだけでなく、再発の危険性も高くなるため、腫瘍が小さくても抗がん剤の治療を積極的に考えます。
両側とも1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌なので標準的には抗がん剤の治療をお勧めします。

平成25年12月10日産経新聞生活欄がん電話相談からより。
がん研有明病院の岩瀬拓士乳腺科部長があたりました。
抗がん剤などの治療の選択には、突然難しい単語が出てくるので戸惑います。
新聞などで情報収集しておきたいところです。

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑