1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 女性の癌・乳癌・子宮癌など

質問

63歳女性です。両側乳癌で温存手術を受け、術後放射線治療を25回行いました。
腫瘍の直径は右が1.4センチ、左が1.7センチでステージⅠ、病理検査の結果、ホルモン受容体はER、PgRともに陰性で、HER2も陰性でした。
トリプルネガティブなので抗がん剤治療の対象になりますが、治療の有無は自分で決めるように言われ、「抗がん剤はしない」と返事しました。
最近になって本当にしなくてもいいのか不安になってきました。

トリプルネガティブ乳がんとは

乳がん全体の15%で「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンの受容体がなく、「HER2」というタンパク質の受容体もない乳がんのタイプ。
受容体が3つともない乳がんということです。
女性ホルモン受容体が陰性→ホルモン療法が効かない
HER2受容体が陰性→分子標的薬のハーセプチンなどが効かない
上記の理由による予後不良といわれている。

回答

乳癌の治療はまず、ホルモンに反応するタイプ(陽性)と反応しないタイプ(陰性)に大きく分けられます。
ホルモン陰性の人はホルモン治療の対象外となります。
ホルモン陰性でHER2という検査に反応するHER2タイプ(分子標的治療薬のハーセプチンが有効)と、それにも反応しないトリプルネガティブタイプがあります。

トリプルネガティブタイプは、ホルモン治療もハーセプチンによる治療も対象外となります。
このように乳癌治療をサブタイプで考えるようになってから、腫瘍の大きさに対する考え方が変わりました。
以前は2センチを境に抗がん剤を考えていましたが、今はホルモン陰性の場合、2センチまでの大きさのがんをさらに細かく考えるようになりました。

2センチ以下の癌の考え方

1センチ以上は抗がん剤を追加
5ミリ~1センチ以下は状況に応じてということになっています。

質問

抗がん剤を追加したほうがいいのですね?

回答

ホルモン陰性はホルモン治療が効かないだけでなく、再発の危険性も高くなるため、腫瘍が小さくても抗がん剤の治療を積極的に考えます。
両側とも1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌なので標準的には抗がん剤の治療をお勧めします。

平成25年12月10日産経新聞生活欄がん電話相談からより。
がん研有明病院の岩瀬拓士乳腺科部長があたりました。
抗がん剤などの治療の選択には、突然難しい単語が出てくるので戸惑います。
新聞などで情報収集しておきたいところです。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑