子宮体癌Ia期の高単位黄体ホルモン療法、成功するポイント

公開日: : 最終更新日:2014/02/08 女性の癌・乳癌・子宮癌など

がん電話相談で子宮体癌Ia期の高単位黄体ホルモン療法の質問です。
産経新聞平成26年2月4日の生活欄よりです。

質問

28歳の女性です。9ヶ月前、子宮体癌Ia期と診断されました。
既婚で子供が居ないことから、妊娠の可能性を考え、高単位黄体ホルモン療法を行っています。
3ヶ月間のホルモン療法で癌は消えました。
3ヵ月後の定期健診で、また癌が見つかり、再びホルモン療法を行い、現在癌は消えています。高単位黄体ホルモン療法とはどのようなものですか?

回答 高単位黄体ホルモン療法について

子宮体癌に対する高単位黄体ホルモン療法は、メドロキシプロゲステロンアセテート(MPA)の1日400~600ミリグラム内服と約2ヶ月ごとの子宮内膜の全面掻爬手術(そうは)で、6ヶ月継続します。
(6ヶ月間に計3~4回の子宮内膜全面掻爬手術を実施)
この治療が成功するポイントは子宮体癌が子宮内膜に留まり、筋層浸潤していないことです。
もし筋層浸潤があればMPAで癌の勢いを弱められても、子宮内膜全面掻爬手術での物理的除去ができないため、
治療を導くことはできません。

子宮頚部上皮内癌は、円錐切除術で97%が治癒し、再発率は3%ぐらいであるのに対し、子宮癌のMPA療法では、治癒率66%、再発率50%(33%しか治らない)と治癒は難しいのです。

質問

このままMPA療法を繰り返しても大丈夫?

回答

子宮体癌が高分化型であれば、MPAでがん細胞は変性し、勢いが弱くなり、3、4回の子宮内膜全面掻爬による癌の蔓延(卵管を通過して腹腔内に進入して広がるなど)リスクは無視できます。
中分化型や低分化型の場合には、子宮内膜全面掻爬手術に伴って、腹膜播種を作る可能性があり、リンパ節転移を起こすリスクも出てきます。
MPAで治癒しなかったり、再発した場合、子宮と卵巣の全摘に加え、骨盤リンパ節の郭清(かつせい)も実施すべきです。

腹膜播種(ふくまくはんしゅ)

腹膜にガンが転移している状態のこと。

リンパ節郭清(りんぱせつかつせい)

悪性腫瘍のリンパ行性転移に対してリンパ節を切除する手術。

関連記事

no image

乳癌術後ホルモン治療で生理が止まる止まらないは関係ない

乳癌術後の治療について、平成26年2月1

記事を読む

乳がんのリスクが高いと言われる人

乳がんのリスクが高いと言われる人、見つける方法

麻木久仁子さんは48歳で、右手右足にしび

記事を読む

白血球の減少を抑える薬として認可はされている

丸山ワクチン効くの効かないの?患者の希望で打てる安い癌治療薬

がん治療薬として認可をめぐり、国会で審議

記事を読む

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない

男の乳がんもしこりでわかる。女は出産と母乳で癌になりにくくなる

乳がんは男でもなります。 日本人女

記事を読む

no image

ノルバデックスは子宮内膜症の悪化が副作用。乳癌術後のホルモン治療

質問 44歳の女性です。 右乳房

記事を読む

no image

1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

質問 63歳女性です。両側乳癌で温存手

記事を読む

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと

記事を読む

no image

ルミナールタイプの判断基準、抗がん剤治療はしたほうがいい?

質問 私の癌はリスクの高い乳がんですか?

記事を読む

小葉+乳管=乳腺

乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~5

記事を読む

no image

乳癌の病状説明、ホルモン剤が効かない、服用を止めた場合

乳癌はタイプが違うと癌の性格が違い、ホル

記事を読む

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

no image
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下がる。

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑