乳癌術後ホルモン治療で生理が止まる止まらないは関係ない

公開日: : 最終更新日:2014/02/19 女性の癌・乳癌・子宮癌など

乳癌術後の治療について、平成26年2月18日の産経新聞生活欄より。
ki67はがんの増殖活性を見る検査で、抗がん剤を選択する理由の一つになります。

質問 ki67が25%で抗がん剤治療をしなくいてもいい?

46歳女性です。
左乳癌で乳房温存手術を受けました。
腫瘍は二つあり、上の腫瘍は浸潤部分が5ミリと小さいが、ki67は25%と低い値でした。
グレードⅠ、ホルモン受容体はERが98%、PgRが95%と強陽性で、HER2は陰性、リンパ節への転移はありませんでした。
術後、放射線治療を行い、現在はタモキシフェンによるホルモン治療をしています。
上の腫瘍のki67が25%なので、抗がん剤治療をしなくいてもいいのでしょうか?

回答 5ミリ以下の癌には抗がん剤治療は行いません

術後の抗がん剤治療を行うかどうかは、再発のリスクが高いか低いかによります。
癌の性質がよくても悪くても、通常5ミリ以下の癌には抗がん剤治療は行いません。
5ミリ~1センチでは状況に応じて、1センチ以上は性質の悪い癌であれば追加治療を行うことになっています。

あなたの場合、上の腫瘍は5ミリなので悪い性質でも抗がん剤は不要です。
下の腫瘍は1.2センチですが、性質がおとなしいので、抗がん剤は必要ありません。
したがって抗がん剤治療は必要ないと考えます。

質問 ホルモン治療でも生理が止まらない

ホルモン治療を3ヶ月行っていますが、生理が止まりません。
再発予防の効果はあるのでしょうか。

回答 生理をとめる薬ではありません

タモキシフェンはがん細胞のエストロゲン受容体に結合して細胞増殖を阻止する薬です。
生理を止める薬ではありませんので、止まらないから効いていないということではありません。
卵巣機能の活発な若い30代の女性では生理を止めて内服したほうがいいのではないかという意見がありますが、
現時点では閉経前の人に生理を止める注射の併用がよいとする証拠はありません。
比較試験の結果が待たれる所ですが、40代後半でもあり、タモキシフェンをしっかり内服されてはどうでしょうか?

生理の止まる止まらないは関係なく、薬をしっかりのんで経過を見るのが最善のようですね。

関連記事

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと金額

卵巣と卵管のがん予防の遺伝子検査の流れと

記事を読む

乳がんのリスクが高いと言われる人

乳がんのリスクが高いと言われる人、見つける方法

麻木久仁子さんは48歳で、右手右足にしび

記事を読む

白血球の減少を抑える薬として認可はされている

丸山ワクチン効くの効かないの?患者の希望で打てる安い癌治療薬

がん治療薬として認可をめぐり、国会で審議

記事を読む

no image

卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫

記事を読む

no image

乳癌の病状説明、ホルモン剤が効かない、服用を止めた場合

乳癌はタイプが違うと癌の性格が違い、ホル

記事を読む

no image

ルミナールタイプの判断基準、抗がん剤治療はしたほうがいい?

質問 私の癌はリスクの高い乳がんですか?

記事を読む

no image

ノルバデックスは子宮内膜症の悪化が副作用。乳癌術後のホルモン治療

質問 44歳の女性です。 右乳房

記事を読む

no image

1センチを超えるトリプルネガティブ乳癌は抗がん剤治療の対象?

質問 63歳女性です。両側乳癌で温存手

記事を読む

no image

乳がんの治療の種類、局所治療と全身治療がある

女性の癌で最も患者数の多いのが乳がん。

記事を読む

石灰化のがんはマンモグラフィーでしか見つけられない

男の乳がんもしこりでわかる。女は出産と母乳で癌になりにくくなる

乳がんは男でもなります。 日本人女

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑