老化とAGE-老け顔が早死にする原因

公開日: : 循環器内科

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因ではない。
血管、骨、肌、内蔵を早く老化させる犯人が判明!
全身の老化を徹底予防SP!たけしの家庭の医学。

新事実、老け顔の人は早死にする危険性が高い

南デンマーク大学 医学部 クリステンセン教授
研究対象になった双子、老けて見える方、913人の双子の老けて見えたほうが死亡率が1.9倍高い。老け顔の人は全身の老化も早いということか
神戸大学 市橋教授

老化の見た目ポイント

1目じりのしわ
2下まぶたのしわ
3ほうれい線
4くちもとのたるみ
5顔全体が落ちる

柔軟性年齢、転倒などで骨折などのリスクが高まる
血管年齢、高くなるほど動脈硬化が起こる可能性が高い、脳梗塞や心筋梗塞の可能性も。

老けて見えるほど、体の中で老化も高いことが判明している<

老化を進める悪玉物質の存在がある。久留米大学 山一先生
AGEというのが原因?
AGEこそ、全身の老化を進める原因物質であることが判明。
血管の中の写真に写る黒いつぶつぶ。

正常な骨、AGEが溜まると、白い骨が茶褐色になり、AGEが溜まった骨のほうが折れやすい。
目も同じで、AGEのせいで網膜の血管が切れやすくなる。

AGEで皮膚の繊維が変形して弾力性を失う。
弾力性がなく、たるんだり、しわが伸びなくなる。
白目に見える黄色いしみ、これもAGEの塊です。

なぜAGEが体に溜まるのでしょうか?

久留米大学 医学部 山岸
老化はパンツのゴムひも 使っていると緩むと思っていた。
そういった単純な話ではないことがわかてきた。

肌や脳に悪玉物質であるAGEが溜まるのが原因とわかった。
たんぱく質にあるものがくっつくと老化を早めるAGEになる。

コラーゲン たんぱく質の代表 細胞と細胞を繋ぐ接着剤の役割をしている
体のいたるところにあり、真皮の70%、骨の30%血管の20%
牛のアキレス腱のコラーゲン こんにゃくみたいにぷるぷるしている。
あるものをがくっつくと、茶褐色になる。

たんぱく質に糖分がつくとAGEになる

浦島太郎の玉手箱にはいってたヤツだなとたけし院長
原因の透明の液体。飲むと甘い。水あめみたい。
液体はガムシロップ。

特に問題は、血管の壁のコラーゲンに糖分がくっつくと、血管がAGEに変化。
カチカチになって、動脈硬化が起こる。その結果脳梗塞や心筋梗塞につながる。
つまり、同じ年齢でAGEが多く溜まっていると老けて見えて、少ないと若く見える
AGE年齢検査というのでわかる。

AGEが高くなる原因

血糖値が高い、血糖はエネルギーになる 糖分があまるとたんぱく質とくっついてAGEになる
AGEを多く含まれる食品を食べる。
糖尿病とそうでない人の違いとは?

AGEが多く含まれる食べ物や飲み物とは?

2004年食材ごとAGE量を調べたものがある。
AGEが少ないのは牛乳、野菜、炭水化物
AGEが多いのが魚、肉、脂肪の多い食べ物

食品に含まれる量は多くないので神経質にならなくていい。

調理法によってAGEの量が変わる

焼くのとゆでるので量が1.5倍も変わる。
AGEが最も多くなる鶏肉の調理法は、から揚げ。
アメリカのデータでは、ゆでるのがAGE1に対し、焼く6倍、揚げる10倍。
高温になると肉の中にあるたんぱく質と糖分が結合しやすい
焼いたり揚げたり高温で調理するのは食欲増進、食中毒の予防になる。

玉子焼きが一番老化を早める。
スクランブルエッグや、オムレツに比べて目玉焼きは加熱時間が長く高温でAGEが溜まる。

どうやってAGEを防止するのか?

らくらく出来るAGEをためず、体を若く保つ方法。
一般の健康診断は空腹時血糖だけなので食べた後の血糖はわからない。
血糖は正常だと食べて上がっても、2時間後には戻る
だが、老化すると血糖が戻るまでに時間がかかり、AGEが作られやすい状態になる。

食後の血糖値を下げる方法

1日一食はAGEの低い方法で調理する
野菜から先に食べる 糖尿病や高血圧の防止になる
食後10分で運動をする 皿洗いでいい。

血糖値が一番上がるのが食後1時間後、すぐ体を動かすことで血糖値を下げられる。

関連記事

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

no image

無意識に胸を触ると左肩がこるは心筋梗塞のサインだった

心臓病(狭心症、心筋梗塞)は日本人の死因

記事を読む

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

イワシや中トロの魚の脂はEPAが含まれている

中性脂肪を正常にする方法。コレステロールの見方

中性脂肪に気になる人が寝る前に飲んでもい

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる

早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのま

記事を読む

no image

糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

人には2つの寿命がある。 日本人の平均

記事を読む

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑