足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

公開日: : 循環器内科

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

閉塞性動脈硬化症 脊柱管狭窄症
一定距離で痛む  日によって痛む距離が違う
直立で治まる   前かがみで治まる
上りが辛い    下りが辛い
自転車痛みが出る 自転車痛みが出にくい

脊柱管狭窄症のは背骨の間の神経の通り道、脊柱管が狭くなることで神経が圧迫されて痛みが起こる。
圧迫を解除しようとして前かがみになる。

閉塞性動脈硬化症の治療

進行したら 薬物療法 カテーテル手術 人工血管による外科的バイパス手術
カテーテル手術は2~3日の入院

閉塞性動脈症が手術しないでよくなる方法

血管MRI、先生のアドバイス
歩いてくださいといわれた。
しょうがないから歩く、足引きずりながら休みながら歩く
少しづつ変化、半年 
足の痛みが改善したのは?
足の血管は血液を末端まで供給しようとする。
運動で負荷をかけつづけると、細かい血管が増えて血流を維持する。
痛みも改善する。

足の血管を増やす歩き方

かかとからしっかり地面を踏み 蹴り上げるように意識して歩く。
これを1にち30分 週3回 3ヶ月で効果がある人も。
予防も足から。

血管が詰まる、わき道の出来方がいろいろ、毛細血管が増える。
動脈硬化が治るということではない、症状が改善ということ。
血管外科、循環器内科の病院で受けられる。
危険因子である糖尿病、高血圧、脂質異常を排除することが大事。
年取るのはしょうがない、健康のために歩けばいい。

関連記事

no image

心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持に

記事を読む

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯

記事を読む

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

高血圧には自分のタイプにあう薬を。 自

記事を読む

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

no image

無意識に胸を触ると左肩がこるは心筋梗塞のサインだった

心臓病(狭心症、心筋梗塞)は日本人の死因

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

no image

静脈の老廃物や水分と足のむくみと下肢静脈瘤

足のむくみの原因には下肢静脈瘤、リンパ節

記事を読む

イワシや中トロの魚の脂はEPAが含まれている

中性脂肪を正常にする方法。コレステロールの見方

中性脂肪に気になる人が寝る前に飲んでもい

記事を読む

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑