足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

公開日: : 循環器内科

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

閉塞性動脈硬化症 脊柱管狭窄症
一定距離で痛む  日によって痛む距離が違う
直立で治まる   前かがみで治まる
上りが辛い    下りが辛い
自転車痛みが出る 自転車痛みが出にくい

脊柱管狭窄症のは背骨の間の神経の通り道、脊柱管が狭くなることで神経が圧迫されて痛みが起こる。
圧迫を解除しようとして前かがみになる。

閉塞性動脈硬化症の治療

進行したら 薬物療法 カテーテル手術 人工血管による外科的バイパス手術
カテーテル手術は2~3日の入院

閉塞性動脈症が手術しないでよくなる方法

血管MRI、先生のアドバイス
歩いてくださいといわれた。
しょうがないから歩く、足引きずりながら休みながら歩く
少しづつ変化、半年 
足の痛みが改善したのは?
足の血管は血液を末端まで供給しようとする。
運動で負荷をかけつづけると、細かい血管が増えて血流を維持する。
痛みも改善する。

足の血管を増やす歩き方

かかとからしっかり地面を踏み 蹴り上げるように意識して歩く。
これを1にち30分 週3回 3ヶ月で効果がある人も。
予防も足から。

血管が詰まる、わき道の出来方がいろいろ、毛細血管が増える。
動脈硬化が治るということではない、症状が改善ということ。
血管外科、循環器内科の病院で受けられる。
危険因子である糖尿病、高血圧、脂質異常を排除することが大事。
年取るのはしょうがない、健康のために歩けばいい。

関連記事

no image

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる

早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのま

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

人には2つの寿命がある。 日本人の平均

記事を読む

no image

無意識に胸を触ると左肩がこるは心筋梗塞のサインだった

心臓病(狭心症、心筋梗塞)は日本人の死因

記事を読む

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

高血圧の変動、構造、動脈硬化、仮面高血圧について

まずは血圧のリズムを見ることからはじめま

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑