早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

公開日: : 循環器内科

高血圧には自覚症状がない
高血圧には自覚症状がない。
そのままにしておくと血管や心臓への影響。
危ない、早朝の高血圧についてNHKの今日の健康から。
朝、新聞を取りに行こうとポストへ、急に胸が痛くなり心筋梗塞…
通常は正常の血圧でも、早朝高かった。
早朝高い高血圧を早朝高血圧という。

高齢者の早朝高血圧予防は寝坊!

高齢者は眠り浅い。
朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす。
風呂は行ったりする人もいる。
冬は朝寒いので寝坊するぐらいがいい。
朝の散歩で胸が痛くなったり、意識を失ったりするのは体の警告。

早朝血圧は普段は普通でも朝180近くまで上昇。
日ごろ低いので安心してしまった。
高血圧の基準は診察室と家庭では違う。

さまざまな病気の原因となる

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる。
特に危ない高血圧は、睡眠中に比べて血圧が急上昇する早朝高血圧。
血圧の上がり方が日によって違う。

危険度

高血圧上が155以上だと、心筋梗塞と脳卒中の危険度は6倍にあがる
高血圧上が155以上だと、心筋梗塞と脳卒中の危険度は6倍にあがる。
一度重い病気にかかると死ぬかもしれないし、入院してお金もかかり、退院してからもリハビリなどをして時間もかかる。
治っても後遺症で寝たきりになるかもしれない。
だから予防しましょうというわけ。

動脈硬化の進行

血圧は血管壁を障害、障害された血管壁にコレステロールが沈着。
プラーク、こぶができる。
さらに、血圧急上昇でプラークが破れると血栓ができる。
血流が途絶えると、心筋梗塞 脳梗塞となる。

高血圧の薬で心筋梗塞は防げなかった。
診察室で低かっ。た
朝の血圧 測定するべきだった。

うまく薬

長時間作用する薬に変える
朝と夜わけて飲む
寝る前に飲む

気温も関係がある
寒いと血管収縮 血圧一気に上昇

心臓病、脳卒中での死亡数は、11月、12月、1月、2月がピーク。
気温感受性高血圧20%いる
夏 室温 30度 120
冬 室温 10度 160

寒さによる血圧上昇を防ぐ対策
床の冷えを避ける
冷たい水の洗顔を避ける
トイレや浴室を温かく
家から外に出るときは着こむ

朝高血圧になる要因

質の悪い睡眠
飲みすぎ
喫煙
月曜日の朝は危険 仕事に対するストレス

寒い朝一番の運動は特に注意
運動する前に血圧はかり高ければやめる

他に、原因のある病気がある高血圧があります。
二次性高血圧といいます。

関連記事

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑