寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 循環器内科

寒暖差に潜む危険。
突然死が増える冬に突入しました。

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中
心筋梗塞:心臓の周りの血管がつまり、心臓の筋肉が壊死する障害
脳卒中:脳内の血管が破れたり詰まったりして脳細胞が壊死する障害

冬に起こりやすい理由

突然死が冬に起こりやすい理由
寒くなると体の熱を逃さないように血管が収縮し血圧が上昇する。
血管が収縮した状態が続くと血流が悪くなる。
硬く狭くなった血管を血液が流れると詰まりやすくなる。

気をつけないといけないのがヒートショック

急な温度差で血管が急激に収縮する。
1年で1万7000人が亡くなる。
交通事故の死者数の3倍以上。
ヒートショックが冬に起こりやすい理由は温度差にある。
急激な温度変化は血圧が上下におおきく変動することで体にダメージを受けること。

家の中でも起こりうる。たとえば、

風呂(北にあると寒い)、トイレ(いきみすぎ血圧上昇負担大でくも膜下出血)、寝室(部屋との温度差は20度)
北海道ではオールヒーティングで家が全て暖かいから発症は少ないらしい。

ヒートショック対策と予防

ヒートショック対策と予防

脱衣所

暖房器具で暖めておく

浴室

風呂の蓋は開けて浴室の温度を上げておく。壁にお湯をかけるのもいい。
湯船の温度は38~40度で入浴時間は短めに。

寝室

暖房をつけて室温を20~25度に保つ。
節電を考えるなら起床時間1時間前にタイマーをあわせる。
起き上がるときはゆっくり。

トイレ

上着を一枚多めに羽織る。
便座カバーやヒーターを活用する。

突然死の前兆

突然死の前兆
心筋梗塞の前兆は、胸の痛み、吐き気、むかつき、肩や背中の痛み、歯の痛み、冷や汗、肩こりなど。
脳卒中の前兆は、頭痛、めまい、手足のしびれ、脱力感、二の腕のしびれ、ろれつが回らない、物が2重に見える、顔の片側がゆがむ、耳鳴りなど。
痛みを感じないケースや少し時間が経つと症状が消えてしまうケースもある。

関連記事

no image

心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持に

記事を読む

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

no image

静脈の老廃物や水分と足のむくみと下肢静脈瘤

足のむくみの原因には下肢静脈瘤、リンパ節

記事を読む

no image

自分の心臓弁を修復する心臓手術が大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターの僧房弁修復手術

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯一の

記事を読む

no image

中性脂肪を正常にする方法。コレステロールの見方

中性脂肪に気になる人が寝る前に飲んでもい

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

大動脈瘤ができやすい場所

大動脈瘤破裂は血圧も下がる意識が遠のく8割~9割がそのまま死ぬ

大動脈瘤とは動脈に瘤ができる病気 。

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

→もっと見る

PAGE TOP ↑