NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

公開日: : 循環器内科

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192万人、年間死亡数20万人。
代表的なのが狭心症と心筋梗塞。
しびれ、肩こり、歯痛、キーワードNOの正体!?
重度の狭心症 衝撃波を心臓に当てる治療をご紹介。

狭心症 心筋梗塞の違い

狭心症とは 池谷医院 院長 心が狭いと書く 広い心をもてなくなるわけではない
心臓を養っている冠動脈 動脈硬化が起こって 血液の供給不足が起こって胸が痛くなる。
血管壁に脂がたまり血管が細くなる心筋に十分な血液を供給できない状態
脂のこぶが傷つき、血栓ができると 血管がつまり心筋が壊死するのが心筋梗塞。

共通点 胸の痛み

      狭心症    心筋梗塞
発作の長さ 数分~15分 30分以上
発作の特徴 安静で治まる 呼吸困難、失神することも

そんなに酷くない痛みも結構ある。
心配事や恋で胸がチクチクとした痛み程度のものもある。
失恋の切ない胸の痛み。
歯の奥が痛い、胸やけがする、左肩のひどいコリ、歯茎奥歯の不快感。
安静にしていると治まるのが狭心症の特徴。

隠れ狭心症=冠れん縮性狭心症

就寝中 胸焼けと胸の痛みで目がさめる 2~3分後で治まる
胃の不調だと思って胃薬、息苦しさもあったので循環器科を受診。
それが冠れん縮性狭心症。
けいれんにより血管が一時的に細くなる。
通常の狭心症は運動中に起こりますが、冠れん縮性狭心症は就寝中や安静時に起こります。
狭心症とは気づかれにくい。

狭心症に関わる物質がNO

NO=一酸化窒素
植物の肥料に使われていたり、液体窒素だったり。
血管の中ではNOが作られて大切な働き。
NOは血管内皮で作られ分泌されている。
血管を押し広げ血管を広げる機能がある。

動脈硬化などでNOの分泌低下が起こると血管が広がらずまた、筋肉への異常な刺激で血管がけいれんする。

予防法 血管内皮を丈夫にしてNOを常に出せるようにしたほうがいい。
NOがどれぐらいでているかわかる方法、
量よりも必要な時に、どれぐらいNOを出せるか、能力が必要。(反応性)

NO分泌能力

指先に流れる血流量の変化で測定。
基準値1.67以上 ならば正常。
ストレス、寝不足、タバコでNO分泌が落ちる。
血管内皮機能が落ちています。ボロボロになりかけなので生活習慣を改める。

NO分泌能力の違いは運動習慣の有無

1.84の女性 ダンス教室 週1回のヨガ
1.55の女性 運動しない
NOは血液が流れるのがスイッチで分泌されます。
有酸素運動で血流がよくなり血管内皮に刺激が多く当たることでNOが大量に分泌される。
血管内皮の機能が正常化、より多くのNOが作れる。

胸焼けで逆流性食道炎の治療をしたら狭心症だったと、専門医でも間違うことがある。

狭心症のシグナルチェック

1、左肩のひどいコリ
2、左腕のしめつけ
3、歯茎や奥歯の不快感
4、胸焼けや吐き気
5、恋をしたような胸のざわつき

NOは動脈硬化の進行を防いで血管のけいれんを防ぐ役割をしています。
脂のコブによる狭心症もけいれんで起こる冠れん縮性狭心症も予防する。

NOを増やすその場ジョギング

鼻歌が歌える程度の強度で常にNOを出し続けることが大切。
立って、鼻歌が歌えていどで、気が付いた時にこまめに行うことが大切。
トータル30分以上になるよう心がける。
一生懸命でない感じがいい。
有酸素運動はなかなか時間もない。その場ジョギングは家の中で出来ますから。

狭心症の最新治療

カテーテル治療

血管にできた動脈硬化のコブをバルーンで広げ、ステントをいれ、血流を確保する。

バイパス手術

胸を開き、新しい血流の道を作る。

体力がない動脈硬化が進行している、糖尿病や高血圧、腎臓病などで手術が行えない人むけ。

狭心症の衝撃波治療

重度の狭心症患者を救う。
ちょっと歩けば苦しくなるし 消極的になるし・・
東北大学大学院循環器内科学 教授 医学博士 下川宏明先生
心血管病に対する先端医療の開発

衝撃波を使います。衝撃波とは、物体が音速を超えるときに出る破壊力のある波
尿路結石などの治療にも使われる弱い出力の衝撃波よりも弱い。
衝撃波治療は、血管内皮に衝撃波が当たるとNOや血管増殖物質が分泌される。
血管が拡張したり、毛細血管が増えたりして血液の循環が改善される。

衝撃波の振動でNOや血管増殖物質が分泌。
NOは血管を広げ血流をよくし、毛細血管を増やす手助けをする。
衝撃波治療から3ヶ月で心臓の血流を改善。
心臓エコーを見ながら血流が少ない部分に発射。
1箇所に200回 45箇所に 麻酔の必要もなく 副作用や合併症もない。

既にステント治療をしていてこれ以上手術が出来ない人にも適応できる。
27000回の衝撃波で血管を再生。
現在、石川県立中央病院と東北大学の2箇所で受けることができる。
施設を徐々に増やしている。

心臓ですから衝撃波という方法ですが、足の血管なら使うことで血管が増えることがある。
運動が大事。狭心症の原因は動脈硬化、生活習慣を改善と治療が大前提。
※現在、衝撃波治療法は、カテーテル治療やバイパス手術で治すことができない患者のみが対象の先進医療です。

関連記事

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

高血圧には自分のタイプにあう薬を。 自

記事を読む

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる

早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのま

記事を読む

no image

高血圧の変動、構造、動脈硬化、仮面高血圧について

まずは血圧のリズムを見ることからはじめま

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑