心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

公開日: : 最終更新日:2014/04/13 循環器内科

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。
今最も気をつけるべき3つの心臓の病、
高齢化社会で特に増えている病気をご紹介します。
予約殺到、凄腕の専門外来スペシャルからです。

1位 心房細動 平成8年13万人→今は26万人

心房細動は電気信号の異常で心臓がけいれんを起こす。
早期発見の症状は、動悸。
ちょっとした階段の上り下り、約200万人が動悸を感じている。
危険な動悸が隠れている。
動悸は早いのから遅いのまでタイプがあるが、心房細動の動悸は特徴がある。

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

心房細動は脳梗塞を引き起こす原因になる。
脳の血管に血栓がつまり、脳の血管が壊死する病。
心房内に血液がうったい、血栓ができる。
血管を伝って脳へ、心房でできる血栓は巨大なのが特徴。
直径5センチの中に血栓が脳に飛ぶ。
心原性脳梗塞はねたきりまたは死亡の確率が高い。
発症から2時間以内ぐらい、時間との勝負のTPAという初期治療がある。

早くも遅くもない規則正しい動悸が正常だが、
不規則なリズムの動悸が心房細動のサイン。

危険な動悸の見分け方

速い規則正しい動悸は頻脈。ふらつき、めまい、胸が苦しい、症状がなければ問題ない。
非常に遅い規則正しい動悸は除脈。上と同じ。
ときどき脈が飛ぶは動悸。上と同じ。
不規則な脈の動悸が心房が細かく振動し、心室がでたらめなリズムで心房細動。
脈を取ってどんな動悸だったかを医師に伝えると早期発見につながる。

2位 心不全 平成8年15万人→今は17万人

心臓のポンプ機能が低下全身に血液を十分に送れない。
原因は高血圧で血圧が高くなると心臓の壁に大きな圧力がかかる。
壁が厚くなり大きくなる。心肥大。心臓が柔軟に収縮できなくなる。
心臓は電気信号の乱れで突然死の可能性。原因は食生活生活習慣の乱れ。
特徴的な症状は、足や体のむくみ。

3位 大動脈弁狭窄症 平成8年7000人→今は19000人

全身に血液、左心室、大動脈、大動脈弁が動脈硬化などでうまく開かなくなる。
血流が悪化し、心臓がフル回転で動き、じょじょに疲弊する。
働きすぎた心臓、突然死の可能性。
最大の理由、食べ過ぎや喫煙、脂質異常症、高血圧、生活習慣の乱れが大きく影響する。

関連記事

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

no image

心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持に

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑