心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

公開日: : 最終更新日:2014/04/13 循環器内科

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。
今最も気をつけるべき3つの心臓の病、
高齢化社会で特に増えている病気をご紹介します。
予約殺到、凄腕の専門外来スペシャルからです。

1位 心房細動 平成8年13万人→今は26万人

心房細動は電気信号の異常で心臓がけいれんを起こす。
早期発見の症状は、動悸。
ちょっとした階段の上り下り、約200万人が動悸を感じている。
危険な動悸が隠れている。
動悸は早いのから遅いのまでタイプがあるが、心房細動の動悸は特徴がある。

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

心房細動は脳梗塞を引き起こす原因になる。
脳の血管に血栓がつまり、脳の血管が壊死する病。
心房内に血液がうったい、血栓ができる。
血管を伝って脳へ、心房でできる血栓は巨大なのが特徴。
直径5センチの中に血栓が脳に飛ぶ。
心原性脳梗塞はねたきりまたは死亡の確率が高い。
発症から2時間以内ぐらい、時間との勝負のTPAという初期治療がある。

早くも遅くもない規則正しい動悸が正常だが、
不規則なリズムの動悸が心房細動のサイン。

危険な動悸の見分け方

速い規則正しい動悸は頻脈。ふらつき、めまい、胸が苦しい、症状がなければ問題ない。
非常に遅い規則正しい動悸は除脈。上と同じ。
ときどき脈が飛ぶは動悸。上と同じ。
不規則な脈の動悸が心房が細かく振動し、心室がでたらめなリズムで心房細動。
脈を取ってどんな動悸だったかを医師に伝えると早期発見につながる。

2位 心不全 平成8年15万人→今は17万人

心臓のポンプ機能が低下全身に血液を十分に送れない。
原因は高血圧で血圧が高くなると心臓の壁に大きな圧力がかかる。
壁が厚くなり大きくなる。心肥大。心臓が柔軟に収縮できなくなる。
心臓は電気信号の乱れで突然死の可能性。原因は食生活生活習慣の乱れ。
特徴的な症状は、足や体のむくみ。

3位 大動脈弁狭窄症 平成8年7000人→今は19000人

全身に血液、左心室、大動脈、大動脈弁が動脈硬化などでうまく開かなくなる。
血流が悪化し、心臓がフル回転で動き、じょじょに疲弊する。
働きすぎた心臓、突然死の可能性。
最大の理由、食べ過ぎや喫煙、脂質異常症、高血圧、生活習慣の乱れが大きく影響する。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑