心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

公開日: : 最終更新日:2014/04/13 循環器内科

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。
今最も気をつけるべき3つの心臓の病、
高齢化社会で特に増えている病気をご紹介します。
予約殺到、凄腕の専門外来スペシャルからです。

1位 心房細動 平成8年13万人→今は26万人

心房細動は電気信号の異常で心臓がけいれんを起こす。
早期発見の症状は、動悸。
ちょっとした階段の上り下り、約200万人が動悸を感じている。
危険な動悸が隠れている。
動悸は早いのから遅いのまでタイプがあるが、心房細動の動悸は特徴がある。

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

心房細動は脳梗塞を引き起こす原因になる。
脳の血管に血栓がつまり、脳の血管が壊死する病。
心房内に血液がうったい、血栓ができる。
血管を伝って脳へ、心房でできる血栓は巨大なのが特徴。
直径5センチの中に血栓が脳に飛ぶ。
心原性脳梗塞はねたきりまたは死亡の確率が高い。
発症から2時間以内ぐらい、時間との勝負のTPAという初期治療がある。

早くも遅くもない規則正しい動悸が正常だが、
不規則なリズムの動悸が心房細動のサイン。

危険な動悸の見分け方

速い規則正しい動悸は頻脈。ふらつき、めまい、胸が苦しい、症状がなければ問題ない。
非常に遅い規則正しい動悸は除脈。上と同じ。
ときどき脈が飛ぶは動悸。上と同じ。
不規則な脈の動悸が心房が細かく振動し、心室がでたらめなリズムで心房細動。
脈を取ってどんな動悸だったかを医師に伝えると早期発見につながる。

2位 心不全 平成8年15万人→今は17万人

心臓のポンプ機能が低下全身に血液を十分に送れない。
原因は高血圧で血圧が高くなると心臓の壁に大きな圧力がかかる。
壁が厚くなり大きくなる。心肥大。心臓が柔軟に収縮できなくなる。
心臓は電気信号の乱れで突然死の可能性。原因は食生活生活習慣の乱れ。
特徴的な症状は、足や体のむくみ。

3位 大動脈弁狭窄症 平成8年7000人→今は19000人

全身に血液、左心室、大動脈、大動脈弁が動脈硬化などでうまく開かなくなる。
血流が悪化し、心臓がフル回転で動き、じょじょに疲弊する。
働きすぎた心臓、突然死の可能性。
最大の理由、食べ過ぎや喫煙、脂質異常症、高血圧、生活習慣の乱れが大きく影響する。

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

→もっと見る

PAGE TOP ↑