高血圧の変動、構造、動脈硬化、仮面高血圧について

公開日: : 循環器内科

まずは血圧のリズムを見ることからはじめます。
24時間血圧測定器というのがあり30分ごとに測れるものがあります。
医療機関で使用されています。
自治医科大学 苅尾 七臣 教授(かりお かずおみ)
循環器内科(高血圧の診断、治療が専門)
高血圧治療は生活リズムの改善から

血圧の平均は135です。
平均が135以上なら高血圧と考えます。

正常血圧のリズムというのがあり、
起きて活動すると血圧はあがっている、睡眠中は低く、起きるとまずあがります

血圧はなぜ変動する?

自律神経と副交感神経の切り替わりがあるからです。

昼 交感神経

 血圧をあげる、心拍数上げる、体を活動的にする
 臓器に血流を届ける、活発になります。

夜 副交感神経

 血圧を下げる、心拍数を下げる
 寝ると、臓器は血液を必要としない、休む必要がある

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑