静脈の老廃物や水分と足のむくみと下肢静脈瘤

公開日: : 循環器内科

足のむくみの原因には下肢静脈瘤、リンパ節浮腫などが上げられます。
(他にも心不全、甲状腺機能低下、ネフローゼなどもありますが、明らかな血管が浮き出る足のむくみを対象とします)
足のむくみとは、足のすねを数秒押して話した後くぼんだまま元に戻らない、
水を含んだスポンジを指で押して後が残るような状態になってしまったことです。

皮膚の皮下組織のむくみの正体は水分です。
静脈が老廃物や水分を回収。
動脈が栄養分を運ぶ。
長時間、同じ姿勢で足の血行が悪くなり足がむくむ。

足のむくみには病気が原因の場合がある

左右でむくみが違う時に病気を疑わないといけない
下肢静脈瘤は10人に1人。血管がうきでたりします。

足の血管には血液の逆流をふせぐ弁があり重力に逆らいながら血液を運ぶ。
血液の逆流をふせぐ弁がこわれると血液が溜まる。
それで血管が浮きでる。
原因は、遺伝と生活習慣、職業的に長時間立つと弁が壊れる。

下肢静脈瘤には負担が少ないレーザー治療

石原良純も下肢静脈瘤でした。
超音波検査でしらべるとわかる。
足の太い血管は4本。
酷くなると、皮膚がつぶれてうったい性潰瘍。
手術をお勧めします。

日帰り手術で、最新手術のレーザー治療がある。
レーザーファイバーを静脈の中に入れる。
血管が焼かれ血管をふさいでいく。
30分で終わり、すぐ家に帰れる
足が疲れにくくなる スポーツしやすくなる。
レーザー手術は負担46000円ほど。保険適応です。

関連記事

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

no image

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯一の

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

no image

無意識に胸を触ると左肩がこるは心筋梗塞のサインだった

心臓病(狭心症、心筋梗塞)は日本人の死因

記事を読む

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

風邪ひいて急性心不全、原因は薬を勝手に中断

心不全とは 心臓の機能が低下して十

記事を読む

no image

自分の心臓弁を修復する心臓手術が大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターの僧房弁修復手術

記事を読む

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑