大動脈瘤破裂は血圧も下がる意識が遠のく8割~9割がそのまま死ぬ

公開日: : 循環器内科

大動脈瘤とは動脈に瘤ができる病気 。
大動脈とは体の真ん中にあり、心臓と直接繋がっており、頭や腕、内蔵足に枝分かれ、最もふと

く、成人では太さ2cm、長さ50cmあります。
怖いのは膨らんだ部分が破裂。
体の中で大出血するから命にかかわる。

動脈の老化が原因、高齢になるとかかるかもしれない。
高血圧や高脂血症などの生活習慣病
遺伝の影響もある。
年間3万件の手術が行われている。

大動脈瘤ができやすい場所

大動脈瘤ができやすい場所

胸部

胸では弓のように曲がる大動脈弓(きゅう)
まがるので力がかかりやすい胸部大動脈瘤。

腹部

お腹。一番多くできる。
大動脈がふたまたに分かれる、腹部大動脈瘤。

こうした瘤が破裂すると激烈な痛み。
血圧も下がる
意識が遠のく
8割~9割がそのまま死ぬ
救急車必須

自覚症状がない、大きくなると症状あり

ゆっくりと大きくなる。
血管が破裂する前に気づきたい。
見つけるてがかり、
弓の部分には声を出す神経が麻痺し、
胸部大動脈だとしわがれた声になる。
水を飲むときむせやすい。

お腹は、骨で覆われていないので筋肉で覆われているだけ。
お風呂にはいったとき脈打つ塊を発見することもある。

超音波エコーでもわかるがCTが一番発見しやすい
男性に多い。
女性ホルモンが動脈硬化を予防するので若い女性は起こりにくい。
閉経後に危険因子をもっているならば検査を受けるのがいい。

破裂しやすいかどうか

紡錘上動脈瘤

大動脈の破裂しやすいかどうか
形と大きさで判断する。
太いだけ=紡錘上動脈瘤
50mm未満 薬物治療で経過観察
腹部 50mm以上で手術を検討
胸部 50~60mm以上で手術を検討
半年で5mm以上拡大

嚢状動脈瘤

瘤タイプは小さくても破ける。
50mm未満でも手術を検討する。

血圧を下げてコレステロールを下げて大動脈瘤が破けないようにする。
血圧を下げるβ遮断薬 ACE阻害薬 ARB
コレステロールを下げるスタチン
動脈瘤がなくなるわけではない。
定期的に検査をして、力む動作を避ける。
極度の温度変化には気をつけること。

手術

人工血管置換術

人工血管はポリエステルでできている。一生物。
大動脈瘤はなくなる。若い方が選択。
体の負担は大きい。

カテーテルで行うステントグラフト内挿手術

高齢の方には体の負担が少ないこちらが選らばえる。
動脈硬化が進んでいると脳梗塞の可能性。
大動脈瘤が拡大することもある。

関連記事

no image

無意識に胸を触ると左肩がこるは心筋梗塞のサインだった

心臓病(狭心症、心筋梗塞)は日本人の死因

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

no image

糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

人には2つの寿命がある。 日本人の平均

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

no image

心房細動抗凝固薬の新薬は食事制限はなしで血液検査もたまにでいい

心房細動を見つけるためには 1,定

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑