大動脈瘤破裂は血圧も下がる意識が遠のく8割~9割がそのまま死ぬ

公開日: : 循環器内科

大動脈瘤とは動脈に瘤ができる病気 。
大動脈とは体の真ん中にあり、心臓と直接繋がっており、頭や腕、内蔵足に枝分かれ、最もふと

く、成人では太さ2cm、長さ50cmあります。
怖いのは膨らんだ部分が破裂。
体の中で大出血するから命にかかわる。

動脈の老化が原因、高齢になるとかかるかもしれない。
高血圧や高脂血症などの生活習慣病
遺伝の影響もある。
年間3万件の手術が行われている。

大動脈瘤ができやすい場所

大動脈瘤ができやすい場所

胸部

胸では弓のように曲がる大動脈弓(きゅう)
まがるので力がかかりやすい胸部大動脈瘤。

腹部

お腹。一番多くできる。
大動脈がふたまたに分かれる、腹部大動脈瘤。

こうした瘤が破裂すると激烈な痛み。
血圧も下がる
意識が遠のく
8割~9割がそのまま死ぬ
救急車必須

自覚症状がない、大きくなると症状あり

ゆっくりと大きくなる。
血管が破裂する前に気づきたい。
見つけるてがかり、
弓の部分には声を出す神経が麻痺し、
胸部大動脈だとしわがれた声になる。
水を飲むときむせやすい。

お腹は、骨で覆われていないので筋肉で覆われているだけ。
お風呂にはいったとき脈打つ塊を発見することもある。

超音波エコーでもわかるがCTが一番発見しやすい
男性に多い。
女性ホルモンが動脈硬化を予防するので若い女性は起こりにくい。
閉経後に危険因子をもっているならば検査を受けるのがいい。

破裂しやすいかどうか

紡錘上動脈瘤

大動脈の破裂しやすいかどうか
形と大きさで判断する。
太いだけ=紡錘上動脈瘤
50mm未満 薬物治療で経過観察
腹部 50mm以上で手術を検討
胸部 50~60mm以上で手術を検討
半年で5mm以上拡大

嚢状動脈瘤

瘤タイプは小さくても破ける。
50mm未満でも手術を検討する。

血圧を下げてコレステロールを下げて大動脈瘤が破けないようにする。
血圧を下げるβ遮断薬 ACE阻害薬 ARB
コレステロールを下げるスタチン
動脈瘤がなくなるわけではない。
定期的に検査をして、力む動作を避ける。
極度の温度変化には気をつけること。

手術

人工血管置換術

人工血管はポリエステルでできている。一生物。
大動脈瘤はなくなる。若い方が選択。
体の負担は大きい。

カテーテルで行うステントグラフト内挿手術

高齢の方には体の負担が少ないこちらが選らばえる。
動脈硬化が進んでいると脳梗塞の可能性。
大動脈瘤が拡大することもある。

関連記事

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑