片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

公開日: : 最終更新日:2016/02/11 循環器内科

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で治った例。
長年悩まされた片頭痛は脳梗塞が原因だった。
普通は原因になることはないが、もしかすると心臓に原因があるかもしれない。

脳梗塞になる一般的な要因に当てはまらない場合は心臓に原因がある場合がある。
岡山大学の赤木先生。

心臓に穴が開いているかもしれません

卵円孔という、胎児、赤ちゃんの頃あいている心臓の穴。
5人に1人あいたまま大人になる。
あいていることで体力の低下や血の塊(血栓)をつくることも。

頚食道心エコーで検査

心臓の裏から撮影する。
穴が開いているので右心房から左心房へ血液が流出。
穴をふさぐことで片頭痛を改善できるかもしれない。
(片頭痛の場合、脳梗塞を起こしたときに使う検査)

片頭痛の原因

卵円孔をふさぐ手術
体をめぐってきたセロトニン(神経伝達物質)が穴から脳へ行き、痛みを感じてしまう。
卵円孔をふさぐ手術をする。
閉鎖弁は心臓の動きに合わせて収縮する。
カテーテルの先につけて足の静脈から心臓まで通し、卵円孔まで穴を閉鎖する。
一生つけたままで大丈夫。

心臓を止めることなく閉鎖栓わずか1時間で閉じた。

関連記事

no image

高血圧の変動、構造、動脈硬化、仮面高血圧について

まずは血圧のリズムを見ることからはじめま

記事を読む

no image

心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持に

記事を読む

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる

早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのま

記事を読む

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

no image

世界一の回転スピードCTで動く心臓を撮影

患者の負担を減らす最新医療で心臓の動きが

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑