片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

公開日: : 最終更新日:2016/02/11 循環器内科

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で治った例。
長年悩まされた片頭痛は脳梗塞が原因だった。
普通は原因になることはないが、もしかすると心臓に原因があるかもしれない。

脳梗塞になる一般的な要因に当てはまらない場合は心臓に原因がある場合がある。
岡山大学の赤木先生。

心臓に穴が開いているかもしれません

卵円孔という、胎児、赤ちゃんの頃あいている心臓の穴。
5人に1人あいたまま大人になる。
あいていることで体力の低下や血の塊(血栓)をつくることも。

頚食道心エコーで検査

心臓の裏から撮影する。
穴が開いているので右心房から左心房へ血液が流出。
穴をふさぐことで片頭痛を改善できるかもしれない。
(片頭痛の場合、脳梗塞を起こしたときに使う検査)

片頭痛の原因

卵円孔をふさぐ手術
体をめぐってきたセロトニン(神経伝達物質)が穴から脳へ行き、痛みを感じてしまう。
卵円孔をふさぐ手術をする。
閉鎖弁は心臓の動きに合わせて収縮する。
カテーテルの先につけて足の静脈から心臓まで通し、卵円孔まで穴を閉鎖する。
一生つけたままで大丈夫。

心臓を止めることなく閉鎖栓わずか1時間で閉じた。

関連記事

no image

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。

記事を読む

no image

不整脈の原因と飛ぶ、早い、遅いのタイプ

心臓は弱い電気を発生させて収縮している。

記事を読む

no image

自分の心臓弁を修復する心臓手術が大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターの僧房弁修復手術

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

no image

中性脂肪を正常にする方法。コレステロールの見方

中性脂肪に気になる人が寝る前に飲んでもい

記事を読む

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

高血圧には自分のタイプにあう薬を。 自

記事を読む

no image

静脈の老廃物や水分と足のむくみと下肢静脈瘤

足のむくみの原因には下肢静脈瘤、リンパ節

記事を読む

no image

心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持に

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑