心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 循環器内科

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持にかかせない。
心臓病になると、命にかかわることも多く、2012年の心臓病による死亡者は、厚生労働省の調べて19万9000人。
日本人の死因としてはがんに次いで2番目に多い。

心臓手術の種類と病院選びの目安

冠動脈が詰まる狭心症、心筋梗塞の手術

冠動脈バイパス術は、心筋梗塞や狭心症に対する代表的な手術で、詰まった血管に迂回路を作り、血液を通す。
これらの病気には、足の付け根や手首から動脈に細い管(カテーテル)を入れて詰まりを解消する治療もある。
カテーテルが患部に達したら、先端につけたステントという金網状の筒を入れるなどして血管を広げるもので、
胸を切り開く外科手術に比べて患者の負担は少ない。

心臓弁膜症の手術(3度以上)

心臓内には血流の方向を調節する弁が4つあるが、これが機能障害を起こすのが心臓弁膜症で、重症だと手術が必要。
弁を修復したり、人工弁に取り替えたりする。
病院では、なんとか弁閉鎖不全症○度と病名がつけられる。

  • 大動脈弁狭窄症(AS)
  • 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
  • 僧帽弁狭窄症(MS)
  • 僧帽弁閉鎖不全症(MR)
  • 三尖弁閉鎖不全症(TR)

3度以上が手術適応といわれている。大抵の病気は年齢を重ねて生活習慣などが原因でなるが、先天性、生まれつきもある。

胸部大動脈瘤の手術

心臓から血液を送り出す大動脈は、壁が弱って血流の勢いに耐え切れず、
こぶ状のふくらみが出来ることがあり、破裂すると命に関わる。
心臓に近い部分にこぶができる胸部大動脈瘤。
治療には、こぶを切り取り、人工血管に置き換える外科手術と、カテーテルを血管に挿入し、ステントグラフトという人工血管を入れ込む方法がある。

まとめ、手術件数が多い病院が成功率が高い

なぜならば、今の時代心臓手術は一般的になったので経験、実績で成功率は100%に近づくから。
心臓の手術は、治療を行った患者数が多い施設ほど経験を積んでいるということになり、病院選びの目安になる。
外科手術ならば心臓と大動脈あわせて100例以上こなしている施設は治療成績がいいという専門家の指摘もある。

関連記事

no image

悪玉値が高く200mg/dL、父が心筋梗塞、遺伝性かも

NHK今日の健康から、ストップ動脈硬化、

記事を読む

no image

自分の心臓弁を修復する心臓手術が大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターの僧房弁修復手術

記事を読む

no image

中性脂肪を正常にする方法。コレステロールの見方

中性脂肪に気になる人が寝る前に飲んでもい

記事を読む

大動脈瘤ができやすい場所

大動脈瘤破裂は血圧も下がる意識が遠のく8割~9割がそのまま死ぬ

大動脈瘤とは動脈に瘤ができる病気 。

記事を読む

no image

NO一酸化窒素の分泌と動脈硬化と狭心症、衝撃波治療は隠れ

心疾患は日本の死亡原因2位、患者数192

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

no image

足の血管を増やす歩き方、閉塞性動脈症

閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症の違い

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑