心臓手術の種類と成功率が高い病院選びの目安

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 循環器内科

心臓は全身に血液を送る臓器で生命の維持にかかせない。
心臓病になると、命にかかわることも多く、2012年の心臓病による死亡者は、厚生労働省の調べて19万9000人。
日本人の死因としてはがんに次いで2番目に多い。

心臓手術の種類と病院選びの目安

冠動脈が詰まる狭心症、心筋梗塞の手術

冠動脈バイパス術は、心筋梗塞や狭心症に対する代表的な手術で、詰まった血管に迂回路を作り、血液を通す。
これらの病気には、足の付け根や手首から動脈に細い管(カテーテル)を入れて詰まりを解消する治療もある。
カテーテルが患部に達したら、先端につけたステントという金網状の筒を入れるなどして血管を広げるもので、
胸を切り開く外科手術に比べて患者の負担は少ない。

心臓弁膜症の手術(3度以上)

心臓内には血流の方向を調節する弁が4つあるが、これが機能障害を起こすのが心臓弁膜症で、重症だと手術が必要。
弁を修復したり、人工弁に取り替えたりする。
病院では、なんとか弁閉鎖不全症○度と病名がつけられる。

  • 大動脈弁狭窄症(AS)
  • 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
  • 僧帽弁狭窄症(MS)
  • 僧帽弁閉鎖不全症(MR)
  • 三尖弁閉鎖不全症(TR)

3度以上が手術適応といわれている。大抵の病気は年齢を重ねて生活習慣などが原因でなるが、先天性、生まれつきもある。

胸部大動脈瘤の手術

心臓から血液を送り出す大動脈は、壁が弱って血流の勢いに耐え切れず、
こぶ状のふくらみが出来ることがあり、破裂すると命に関わる。
心臓に近い部分にこぶができる胸部大動脈瘤。
治療には、こぶを切り取り、人工血管に置き換える外科手術と、カテーテルを血管に挿入し、ステントグラフトという人工血管を入れ込む方法がある。

まとめ、手術件数が多い病院が成功率が高い

なぜならば、今の時代心臓手術は一般的になったので経験、実績で成功率は100%に近づくから。
心臓の手術は、治療を行った患者数が多い施設ほど経験を積んでいるということになり、病院選びの目安になる。
外科手術ならば心臓と大動脈あわせて100例以上こなしている施設は治療成績がいいという専門家の指摘もある。

関連記事

no image

狭心症、治療方法の選択、再発の危険性と手術

今日の記事は心臓を守る狭心症対策です。

記事を読む

突然死の代表的な心筋梗塞・脳卒中

寒暖差突然死の前兆とヒートショック対策と予防

寒暖差に潜む危険。 突然死が増える冬に

記事を読む

no image

老化とAGE-老け顔が早死にする原因

老け顔、顔が老けるのは年齢だけが原因では

記事を読む

心不全

風邪ひいて急性心不全、原因は薬を勝手に中断

心不全とは 心臓の機能が低下して十

記事を読む

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

看護師の高血圧、夜のストレスは引継ぎ、申し送り

高血圧には自分のタイプにあう薬を。 自

記事を読む

no image

心房細動でできる血栓は巨大、脳に飛ぶと詰まる

兵庫医科大学の循環器内科、増山先生。

記事を読む

no image

高血圧の変動、構造、動脈硬化、仮面高血圧について

まずは血圧のリズムを見ることからはじめま

記事を読む

卵円孔をふさぐ手術

片頭痛は心臓の穴で脳梗塞が原因だった

27年間悩まされた片頭痛が1時間の手術で

記事を読む

no image

閉経に伴うホルモン低下の異型狭心症の症状

22年間原因不明の顔のほてり、 更年期

記事を読む

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

不整脈、アブレーション手術の大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センターには全国で唯

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑