お酒を飲むと顔が赤くなる人は癌になりやすい

公開日: : 最終更新日:2014/09/08 肝臓内科、肝臓外科

お酒を飲んで顔が赤くなるのは発癌物質が体にたまっている証拠。
赤くなる遺伝子は基本的に東洋人だけ。白人や黒人には遺伝子はない。
赤くなる日本人がみんな1合で酒を辞めると食道がんは半分になる。

アルコールは発がん物質に分解される

アルコールは肝臓でアセトアルデヒド(発癌物質)に分解される。
血管の拡張を促すため顔が赤くなる。
缶ビール350ml以上飲むと癌になる確率が、顔が赤くならない人1.9倍、顔が赤くなる人は56倍になる。

アセドアルデヒドは分解されると無害の酢酸になる。
分解がうまく働かない人が顔が赤くなる人。
赤くなる人のほうがリスクが高いという話であって、お酒自体がんのリスクを高める。
適量まで。

お酒の適量

  • ビール(アルコール度数5度)500ml
  • 日本酒(アルコール度数15度)1合180ml
  • 焼酎(アルコール度数25度)110ml
  • ワイン(アルコール度数14度)180ml

顔が赤くなる人がお酒を飲みながらタバコを吸うと食道がんのリスクが190倍になる

顔が赤くなる人がお酒に強くなって赤くならなかった人が一番危険。
自分はお酒が強いから大丈夫と勘違い、
体質や遺伝子は変化しない。食道癌のリスクは高いまま。

アルコールは脱水を引き起こす。
運動中に飲酒すると体内の水分が失われ、嘔吐やめまい、意識障害を起こす可能性がある。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑