お酒を飲むと顔が赤くなる人は癌になりやすい

公開日: : 最終更新日:2014/09/08 肝臓内科、肝臓外科

お酒を飲んで顔が赤くなるのは発癌物質が体にたまっている証拠。
赤くなる遺伝子は基本的に東洋人だけ。白人や黒人には遺伝子はない。
赤くなる日本人がみんな1合で酒を辞めると食道がんは半分になる。

アルコールは発がん物質に分解される

アルコールは肝臓でアセトアルデヒド(発癌物質)に分解される。
血管の拡張を促すため顔が赤くなる。
缶ビール350ml以上飲むと癌になる確率が、顔が赤くならない人1.9倍、顔が赤くなる人は56倍になる。

アセドアルデヒドは分解されると無害の酢酸になる。
分解がうまく働かない人が顔が赤くなる人。
赤くなる人のほうがリスクが高いという話であって、お酒自体がんのリスクを高める。
適量まで。

お酒の適量

  • ビール(アルコール度数5度)500ml
  • 日本酒(アルコール度数15度)1合180ml
  • 焼酎(アルコール度数25度)110ml
  • ワイン(アルコール度数14度)180ml

顔が赤くなる人がお酒を飲みながらタバコを吸うと食道がんのリスクが190倍になる

顔が赤くなる人がお酒に強くなって赤くならなかった人が一番危険。
自分はお酒が強いから大丈夫と勘違い、
体質や遺伝子は変化しない。食道癌のリスクは高いまま。

アルコールは脱水を引き起こす。
運動中に飲酒すると体内の水分が失われ、嘔吐やめまい、意識障害を起こす可能性がある。

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑