冬の食べすぎと運動不足が肝臓に悪い

公開日: : 最終更新日:2015/06/15 肝臓内科、肝臓外科

冬の食べすぎと運動不足が肝臓に悪い
脂肪肝は成人の3人に1人。
突然死のリスク35.8倍。
冬の間に弱った肝臓、医学会が注目する脂肪肝について説明します。

内臓脂肪と脂肪肝の違い

肝臓の働きは栄養素を脂肪にして蓄えること。
内臓脂肪(メタボ)と脂肪肝には決定的な違いがあります。

正常な細胞と脂肪肝の細胞。
内臓脂肪は腸間膜や臓器の外に脂肪がつく。
肝臓の細胞が脂になると正常な働きを失う。

脂肪肝の患者数は30年で3倍に増えた。

なぜ脂肪肝が増えたのか?

3人に1人脂肪肝。
太った人はいない?
太ってないのに脂肪肝。
無謀なダイエットをして痩せた女性。

痩せた人が脂肪肝になる理由

たんぱく質不足になると肝臓から脂肪が運び出せなくなる。
フルーツの果糖は脂肪肝の脂になって溜まりやすい。
太った時も痩せた時もなりやすい。

脂肪肝と突然死との密接な関係

肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、35.8倍の突然死のリスク。
別名、死の四重奏という。
脂肪肝の人には4つそろいやすい。
肝臓は復活する臓器なので改善できます。

高カロリーのものは昼2時に食べる

脂肪を溜め込むビーマル1。
食べたものを脂肪として貯める指令塔がビーマル1。
それが一番低いのが昼2時。
ビーマル1が夜遅く食事、体を太らせる犯人。
昼ご飯を午後2時に食べるだけダイエットというのもあるのでおすすめです。

関連記事

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑