電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 家庭の医学

ガムでインフルエンザの予防ができます。
ガムの何がいいのか?というと、たくさん噛むことで唾液がでるからです。
唾液が沢山出ると、ウイルスを洗い流す。
唾液はネバネバがあり、絡めとり胃の中に落とす。
胃酸でウイルスを倒す。
唾液には殺菌抗菌作用がある。
口の中が清潔にも保たれる。

インフルエンザの増殖を抑える食べ物は梅干

和歌山県立医大が調べた研究。
梅干でインフルエンザが増えない。
エポキシオリレシノール 梅酢 ポリフェノール
ウイルスの増殖や感染力低下の効果がある。
毎日食べることで予防効果が期待できる。
梅干茶がお勧め。お茶のカテキンと合わさる。

クシャミによるしぶきは何メートルまで届く?

2メートル以内。
かかっている人がいたら、2メートル以内に入らないこと。

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所
電車の中でインフルエンザの感染リスクが少ない場所はどこでしょうか?
飛まつ感染2メートル。
飛まつに合わない、壁側、窓側が移りにくいです。
毎回扉が開いて空気の入れ替えしますし。
飲食店でも、対面しない、壁際、窓際が感染しにくい。

さらに深い睡眠でも免疫B細胞を活発化させてインフルエンザや風邪から身を守る。
抗体は防犯センサーB細胞は体内のパトロール隊長。
深い睡眠とってますか?
快眠情報の寄せ集めはこれだ!でぐっすり眠れるアイデアを書いています。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑