統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

公開日: : 家庭の医学

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。

  • 陽性症状 ふだんないものが見える幻覚妄想
  • 陰性症状 ふだんあるはずのものがない 表情の変化、意欲がなくなる

実は120人に1人がかかる病気。
10代後半~30代の若い人がかかりやすい。

統合失調症とは?

  • 脳の機能バランスがくずれて発症
  • 神経伝達物質度パ眠 目や耳からの情報を伝達
  • 部分的に過剰 神経が過敏 幻覚や妄想
  • 部分的に低下 陰性症状があらわれる

もともとは症候群。いろいろな症状の複合体。

陽性症状

幻覚

聞こえないはずの声が聞こえる幻聴

人の声が多い本人にとって実在を幻聴が区別付かない
本人は現実かどうかわからず病気だという認識が持てない

見えないはずのものが見える幻視

におわないはずのものがにおう幻嗅

妄想

あやまったことを信じ込む

神様から命令されている誰かに後をつけられている確証
人に指摘されても治せない

陰性症状

感情の平板化

表情の変化に乏しい
視線を合わせられない
ことばの抑揚の低下
身振り手振りなどのジェスチャーが減る

意欲の低下

服装 化粧 ふさわしい持ち物 みだしなみへの関心の低下
社会参加 仕事 勉強などへの意欲低下

認知機能の軽度の障害

遂行機能 記憶機能 言語機能など。
認知機能の軽度障害の特徴

いろいろなことを一度に話されるとわからない
一対一ならまだ集中できるが数人で話していると
みんなの声が雑音のようになってしまって聞き取れない
話についていけなくなる

大事なことを聞いても忘れてしまい 失敗して 自信をなくすし とても疲れる

集中力が落ちた、しっかり覚えたはずのことが思い出せない
ここは大事だとわかるとかえって緊張してうまくいかない
いつもあがっているような感じ

原因は不明

環境 体質 過剰なストレスが引き金となって脳の機能バランスがくずれ統合失調症が発病する
環境的要因 出生時のトラブル 母体にインフルエンザなどの感染症
体質的要因 精神疾患にかかりやすい人
社会生活 人とのコミュニケーション でストレス
引っ越し 結婚 出産 進学 進級 喫煙 飲酒 薬物乱用
適切な治療をいいタイミングで行い服薬 回復する病気
開始が遅れるとその分回復しにくい

統合失調症になって2~3年以内に開始したい
リスク期 統合失調症を発症する全段階の状態

統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

  • 誰かに見られている
  • 誰かに心を読まれている気がするる
  • 声が聞こえるような気がするる
  • 危害を加えられるような感じがする

リスク期は「気がする」

陽性症状に似ている。
発症すると、症状が固定化して継続的になる。
リスク期は「気がする」軽度の幻覚と妄想というよりは思い込みが特徴。
将来を予見することができると感じることがよくある。
経験したことが現実なのか空想なのか分からなくなる時が時々ある。

まとまりのない発言
社会機能の低下などが現れる
本人が苦痛
不眠 不安 抑うつ 夜寝れない 朝起きれない
不安 いらいら 長く続く場合は注意
長く続くと統合失調症などの精神病 1年で20% 3年で30%が精神病に移行する。

早めに受診がいい
環境調整 休息をとる 精神病への進展を防ぐ
発症しやすい若者 学校のこと 就職のこと 
リスク時には薬を使わず 病気について正しい理解をすること
過剰なストレスの対処法を身につけること
ストレス対処法を知っているだけでもいい

脳機能 神経機能のダメージ 回復しやすい 早い時期からの治療が大切

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑