ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

公開日: : 家庭の医学

高脂血症という病気は、中性脂肪が分解されず血液中に残っているのが高脂血症。
放置すれば心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化を引き起こす。
発症リスクは3倍。
結構診断で異常がなくてもほっとけない。

検査で異常がなくても白い血の人がいる。
それが食後高脂血症。

食後数時間、血糖値が高い状態のこと

習慣化すると動脈硬化が進行する。

運動不足で筋肉量がすくないと筋肉の基礎代謝が少ない。
脂肪を分解する力が少ない

運動不足だと脂肪がつきやすい。
糖質を取りすぎると脂肪がつく。

加齢により筋肉量が低下、若いころの食事量やカロリー量は多い。
運動不足+炭水化物は食後高脂血症の可能性があるので注意。

ブルーチーズで血管若返り

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症
血管 池谷先生が毎週食べているもの
血糖の急激な上昇を抑えるためサラダから
ピザ?
血管年齢が若い秘訣はブルーチーズだった。

ブルーチーズが血管若返り?
LTPはチーズ発酵食品などに含まれ血管の収縮作用がある。
高血圧の薬と同じ効果が期待できる。
ブルーチーズはオムレツやリゾットで血圧改善しましょう。

私の意見は、ブルーチーズは塩分が多い。
塩分は血圧を上げる。だから効果はあるの?って思うのだが。

関連記事

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

ガムでインフルエンザの予防ができます。

記事を読む

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。

記事を読む

1枚のバスタオルで寝返り枕睡眠法

寝返り枕睡眠法。腹巻で腰痛が治る!

腰痛の原因になる睡眠時の姿勢。 寝返り

記事を読む

no image

糖尿病とアルツハイマーを両方予防する方法、高齢者13倍

1999年から2011年に特に増えている

記事を読む

コリン性じんましん

体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介され

記事を読む

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

no image

コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

コレステロールが高い低いと長生きは間違い

記事を読む

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

PET検査とは?がん検診の受診時期

PET検査とは?がん検診の受診時期

がんは早期発見早期治療が必要 1cmぐ

記事を読む

no image

血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑