血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

公開日: : 最終更新日:2015/07/07 家庭の医学

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄に、血管の若さを保つLTPという記事が載ってました。
日本人の死因の上位を占める脳卒中や心筋梗塞。
いずれもカレイや生活習慣病などにより血管が硬くなることが原因で起こる。
予防には適度な運動やバランスのいい食生活が大事だが、乳酸菌が発行して作り出す「ラクトトリペプチド(LTP)」も有効な切り札の1つになりうる可能性を秘めている。


[トクホ]アミールS 毎朝野菜 200ml×24本

血管の健康度は「血管年齢」で表される。
軟らかくしなやかな血管ほど血管年齢は若いと言える。
LTPにはこの血管年齢を若返らせる働きがあることがわかっている。

血管年齢が3歳~5歳若返るカルピス


[トクホ]アミールS 200ml×24本

カルピスでは実年齢(平均42.3歳)に比べ、血管年齢が高めの人たちに、LTPが含まれた飲料(おそらくカルピスだろうけど)を飲んでもらい、効果を検証した。
その結果、開始時に平均61.2歳だった血管年齢は接種4週間で平均3歳、8週間で約5歳若返っていた。

こうした効果はLTPが血管内の一酸化炭素の量を増やす働きを持つから。
NOは血管を広げる作用があり、血管年齢の若さの維持にはかかせない物質。
また、LTPには特定の酵素の働きを妨げ、血圧上昇を抑える効果もある。

多くの種類があり、体によい機能が次々に確認されている乳酸菌。
高齢社会の頼もしい味方となっている。

他にこんな面白い記事もあります。

ヨーグルトで歯を磨くと歯周病菌が激減
便を移植で細菌性腸炎が薬なしで治る

関連記事

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

透析前の準備セット
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下が

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑