「 家庭の医学 」 一覧

血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

2014/11/01 | 家庭の医学

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄に、血管の若さを保つLTPという記事が載ってました。 日本人の死因の上位を占める脳卒中や心筋梗塞。 いずれもカレイや生活習慣病などにより血管が硬くなることが

続きを見る

めまいの質問。風邪の後のふらつきが残るは前庭神経炎

2014/06/22 | 家庭の医学

めまいのここが聞きたいをNHKの今日の健康。 東海大学耳鼻咽喉科飯田先生。 めまいのほとんどが耳が関係するものです。 怖い脳の病気との判別方法やめまいを和らげるコツを紹介します。 めまいを

続きを見る

若い20代女性の原因がわからないめまい

2014/03/16 | 家庭の医学

原因がわからないめまいの症状、どこに行ったらいい? 総合診療科は特定の痛み、臓器にこだわらずあらゆる病をみつけようとする診療科。 三重大学総合診療科の竹村先生の外来。 27歳女性2年前からふ

続きを見る

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

2014/03/14 | 家庭の医学

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。代表的な3つの症状をご紹介します。 頻尿問診 頻尿に隠された本当の原因。 全国に4500万人いる 心不全の原因が増えている。 一日の排尿が8回以

続きを見る

リンが原因の膝の痛み、骨折

2014/03/11 | 家庭の医学

治らない膝の痛みで1年動けなかった。 名医の診察を受けると、実は全身痛かったことがわかった。 理由はリンが失われることで起こる脆弱性骨折。 左膝の痛みの原因はいくつもの小さな骨折だったのです。

続きを見る

糖尿病とアルツハイマーを両方予防する方法、高齢者13倍

2013/07/23 | 家庭の医学

1999年から2011年に特に増えている、 高齢者世代 65歳以上 で増えている病気ランキング 1位 アルツハイマ病 13.7倍  脳が萎縮、認知症でアルツハイマーが73%をしめる。 脳内

続きを見る

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑