PET検査とは?がん検診の受診時期

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 家庭の医学

がんは早期発見早期治療が必要
1cmぐらいの初期癌は健診でも見つけにくい。
PETCT検査
PETとCTをあわせた装置。

PET検査とは?

PET検査とは?がん検診の受診時期
がん細胞は正常細胞の約8倍のブドウ糖を消費。
その性質を利用し画像化したもの。
PETだけだと癌だけが移る。
癌の周りにある正常な細胞は写ってこない。
PET画像にCTを合わせることで腫瘍の形や場所などを把握することが可能。
今まで見つけにくかった1cm程度の癌を早期に発見できるようになった。

採血で癌の可能性をさぐる。
5mlの採血で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんの可能性を判定できる。
健康な人は血液中のアミノ酸は一定に保たれている。
癌で臓器に異常が起きると、特定のアミノ酸が増減。
これを測定・解析する。

がん検診の受診時期

例えば胃がんだとピロリ菌がいると胃がんのリスクが高いので毎年検査しましょう。
ピロリ菌がいないのに毎年辛い思いをする必要はない。
癌の種類で速度が違う。

子宮頸がん 20歳から2年に1回
大腸がん、肺癌、胃がん 40歳以上で1年に1回
乳癌 40歳以上で2年に1回

乳癌はマンモグラフィー。
20代30代はまだ乳腺が発達しているのでわからない場合が有る。
超音波もお勧めしている。

健診で見つけにくいすい臓癌

臓器が体の後ろのほうにあるのでわかりにくい。
膵臓の場所は、みぞおちから少し下がったあたり
長さ20cm、幅4cm、重さ約120g
膵臓のまわりには太い血管やリンパ節が多い。
全身に転移しやすい

すい臓癌は発見された段階ですでに進行癌である可能性が高い。
すい臓癌の危険因子は喫煙、大量の飲酒、高脂肪食
悪しき生活習慣の延長にある。

関連記事

1枚のバスタオルで寝返り枕睡眠法

寝返り枕睡眠法。腹巻で腰痛が治る!

腰痛の原因になる睡眠時の姿勢。 寝返り

記事を読む

no image

更年期障害に大豆イソフラボンは効くがエクオール産生菌が必要

日本人の食卓に深く根付いてきた大豆は「畑

記事を読む

no image

血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄

記事を読む

認知機能の軽度障害の特徴

統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽

記事を読む

no image

不眠は扁桃体が原因?病名はパニック障害だった

眠りが浅い、すぐ色んな物音で目が覚めてし

記事を読む

no image

若い20代女性の原因がわからないめまい

原因がわからないめまいの症状、どこに行っ

記事を読む

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

no image

糖尿病とアルツハイマーを両方予防する方法、高齢者13倍

1999年から2011年に特に増えている

記事を読む

no image

腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉

記事を読む

no image

リンが原因の膝の痛み、骨折

治らない膝の痛みで1年動けなかった。

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑