PET検査とは?がん検診の受診時期

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 家庭の医学

がんは早期発見早期治療が必要
1cmぐらいの初期癌は健診でも見つけにくい。
PETCT検査
PETとCTをあわせた装置。

PET検査とは?

PET検査とは?がん検診の受診時期
がん細胞は正常細胞の約8倍のブドウ糖を消費。
その性質を利用し画像化したもの。
PETだけだと癌だけが移る。
癌の周りにある正常な細胞は写ってこない。
PET画像にCTを合わせることで腫瘍の形や場所などを把握することが可能。
今まで見つけにくかった1cm程度の癌を早期に発見できるようになった。

採血で癌の可能性をさぐる。
5mlの採血で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんの可能性を判定できる。
健康な人は血液中のアミノ酸は一定に保たれている。
癌で臓器に異常が起きると、特定のアミノ酸が増減。
これを測定・解析する。

がん検診の受診時期

例えば胃がんだとピロリ菌がいると胃がんのリスクが高いので毎年検査しましょう。
ピロリ菌がいないのに毎年辛い思いをする必要はない。
癌の種類で速度が違う。

子宮頸がん 20歳から2年に1回
大腸がん、肺癌、胃がん 40歳以上で1年に1回
乳癌 40歳以上で2年に1回

乳癌はマンモグラフィー。
20代30代はまだ乳腺が発達しているのでわからない場合が有る。
超音波もお勧めしている。

健診で見つけにくいすい臓癌

臓器が体の後ろのほうにあるのでわかりにくい。
膵臓の場所は、みぞおちから少し下がったあたり
長さ20cm、幅4cm、重さ約120g
膵臓のまわりには太い血管やリンパ節が多い。
全身に転移しやすい

すい臓癌は発見された段階ですでに進行癌である可能性が高い。
すい臓癌の危険因子は喫煙、大量の飲酒、高脂肪食
悪しき生活習慣の延長にある。

関連記事

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

クーラーをつけているのに部屋の温度よりも

記事を読む

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

高脂血症という病気は、中性脂肪が分解され

記事を読む

no image

リンが原因の膝の痛み、骨折

治らない膝の痛みで1年動けなかった。

記事を読む

no image

若い20代女性の原因がわからないめまい

原因がわからないめまいの症状、どこに行っ

記事を読む

no image

救急車!失神で呼吸、倒れていた、お風呂で溺れた

救急車8分 到着するまでにできること。

記事を読む

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。

記事を読む

no image

コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

コレステロールが高い低いと長生きは間違い

記事を読む

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある

脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでア

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑