PET検査とは?がん検診の受診時期

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 家庭の医学

がんは早期発見早期治療が必要
1cmぐらいの初期癌は健診でも見つけにくい。
PETCT検査
PETとCTをあわせた装置。

PET検査とは?

PET検査とは?がん検診の受診時期
がん細胞は正常細胞の約8倍のブドウ糖を消費。
その性質を利用し画像化したもの。
PETだけだと癌だけが移る。
癌の周りにある正常な細胞は写ってこない。
PET画像にCTを合わせることで腫瘍の形や場所などを把握することが可能。
今まで見つけにくかった1cm程度の癌を早期に発見できるようになった。

採血で癌の可能性をさぐる。
5mlの採血で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんの可能性を判定できる。
健康な人は血液中のアミノ酸は一定に保たれている。
癌で臓器に異常が起きると、特定のアミノ酸が増減。
これを測定・解析する。

がん検診の受診時期

例えば胃がんだとピロリ菌がいると胃がんのリスクが高いので毎年検査しましょう。
ピロリ菌がいないのに毎年辛い思いをする必要はない。
癌の種類で速度が違う。

子宮頸がん 20歳から2年に1回
大腸がん、肺癌、胃がん 40歳以上で1年に1回
乳癌 40歳以上で2年に1回

乳癌はマンモグラフィー。
20代30代はまだ乳腺が発達しているのでわからない場合が有る。
超音波もお勧めしている。

健診で見つけにくいすい臓癌

臓器が体の後ろのほうにあるのでわかりにくい。
膵臓の場所は、みぞおちから少し下がったあたり
長さ20cm、幅4cm、重さ約120g
膵臓のまわりには太い血管やリンパ節が多い。
全身に転移しやすい

すい臓癌は発見された段階ですでに進行癌である可能性が高い。
すい臓癌の危険因子は喫煙、大量の飲酒、高脂肪食
悪しき生活習慣の延長にある。

関連記事

コリン性じんましん

体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介され

記事を読む

no image

めまいの質問。風邪の後のふらつきが残るは前庭神経炎

めまいのここが聞きたいをNHKの今日の健

記事を読む

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

no image

若い20代女性の原因がわからないめまい

原因がわからないめまいの症状、どこに行っ

記事を読む

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

no image

リンが原因の膝の痛み、骨折

治らない膝の痛みで1年動けなかった。

記事を読む

1枚のバスタオルで寝返り枕睡眠法

寝返り枕睡眠法。腹巻で腰痛が治る!

腰痛の原因になる睡眠時の姿勢。 寝返り

記事を読む

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

ガムでインフルエンザの予防ができます。

記事を読む

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

高脂血症という病気は、中性脂肪が分解され

記事を読む

no image

血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑