リンが原因の膝の痛み、骨折

公開日: : 最終更新日:2014/03/12 家庭の医学

治らない膝の痛みで1年動けなかった。
名医の診察を受けると、実は全身痛かったことがわかった。
理由はリンが失われることで起こる脆弱性骨折。
左膝の痛みの原因はいくつもの小さな骨折だったのです。
たけしのテレビ番組、名医のセカンドオピニオンよりです。

名医の問診

いつどんなときに膝が痛くなるのか。
横になっていても痛い。
痛みがでるタイミングを重視する。
変形性膝関節症であれば、体重で膝に負担がかかるとき痛い。
横になると痛くないはず
それじゃないと判断

すねや足首を圧迫してみる。
全身の骨を押してみたら痛い。
全身の骨に異変が起きている。
気づかぬうちに全身骨折をしていたのです。

病名は低リン血症性骨軟化症

血液検査でリンが少ないことがわかった。
不足したリンを補う投薬治療を開始。
わずか2ヶ月で膝の痛みがなくなり、元気になった。

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑