コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

公開日: : 家庭の医学

コレステロールが高い低いと長生きは間違いというのを健康カプセル元気の時間でやってました。
肝臓で8割作られるコレステロールの
検査結果は病気のために変動することもある。

悪玉と善玉の違い

最近話題でよく耳にする善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いとは?


LDL 全身に供給する欠点は働きすぎること

どんどんLDLがコレステロールを運ぶ。
血管壁につまり、動脈硬化を促進。欠点の理由から悪玉と呼ばれる。

HDL 余分なコレステロールを肝臓に戻す

動脈硬化の進行を和らげる善玉といわれている。

卵はコレステロールが高いから食べすぎない方がいいの?

タマゴは多いのは確か。
何個食べても上がらない人もいる。
卵3個には750mgの脂肪が含まれている。
2週間食べ続けても全体の65%変化無し。
35%がLDL高くなる。
結論としては、コレステロールが高い人がたまごを多く食べるのはよくない。

コレステロールと病気のリスク

東京医科大学 小田原雅人先生によると、
LDLは動脈硬化のファクターであるがLDLだけじゃない。
HDL善玉コレステロールが低いと動脈硬化を起こしやすい。
中性脂肪というファクター、動脈硬化起こしやすい。
病気因子には性別、年齢、生活習慣、喫煙など個人差がある。

中性脂肪は超悪玉コレステロールが作られる。
小粒のコレステロールが作られる。
コレステロールは油の成分の中性脂肪と一緒に運ばれる。
中性脂肪の比率が高いとコレステロールが小さくなる。
血管壁に入り込む。動脈硬化促進。
中性脂肪が高い人はLDLより20%リスクを上げる。

コレステロールを減らす方法

運動が一番いいです。歩くのがいい。
普段より速く歩いてカロリーを消費。
1.5倍いつもより速く歩く。
週に3日以上15分歩く。
有酸素運動は中性脂肪を減らし、HDL善玉を高くします。

食事ではさば缶に含まれるEPAはLDLや中性脂肪下げる要素が入っています。

関連記事

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

クーラーをつけているのに部屋の温度よりも

記事を読む

no image

若い20代女性の原因がわからないめまい

原因がわからないめまいの症状、どこに行っ

記事を読む

no image

糖尿病とアルツハイマーを両方予防する方法、高齢者13倍

1999年から2011年に特に増えている

記事を読む

no image

血管年齢が3歳~5歳若返る飲み物は何?LTPが話題

平成26年10月27日の産経新聞の生活欄

記事を読む

no image

腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉

記事を読む

no image

更年期障害に大豆イソフラボンは効くがエクオール産生菌が必要

日本人の食卓に深く根付いてきた大豆は「畑

記事を読む

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

PET検査とは?がん検診の受診時期

PET検査とは?がん検診の受診時期

がんは早期発見早期治療が必要 1cmぐ

記事を読む

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。

記事を読む

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑