コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

コレステロールが高い低いと長生きは間違いというのを健康カプセル元気の時間でやってました。
肝臓で8割作られるコレステロールの
検査結果は病気のために変動することもある。

悪玉と善玉の違い

最近話題でよく耳にする善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いとは?

LDL 全身に供給する欠点は働きすぎること

どんどんLDLがコレステロールを運ぶ。
血管壁につまり、動脈硬化を促進。欠点の理由から悪玉と呼ばれる。

HDL 余分なコレステロールを肝臓に戻す

動脈硬化の進行を和らげる善玉といわれている。

卵はコレステロールが高いから食べすぎない方がいいの?

タマゴは多いのは確か。
何個食べても上がらない人もいる。
卵3個には750mgの脂肪が含まれている。
2週間食べ続けても全体の65%変化無し。
35%がLDL高くなる。
結論としては、コレステロールが高い人がたまごを多く食べるのはよくない。

コレステロールと病気のリスク

東京医科大学 小田原雅人先生によると、
LDLは動脈硬化のファクターであるがLDLだけじゃない。
HDL善玉コレステロールが低いと動脈硬化を起こしやすい。
中性脂肪というファクター、動脈硬化起こしやすい。
病気因子には性別、年齢、生活習慣、喫煙など個人差がある。

中性脂肪は超悪玉コレステロールが作られる。
小粒のコレステロールが作られる。
コレステロールは油の成分の中性脂肪と一緒に運ばれる。
中性脂肪の比率が高いとコレステロールが小さくなる。
血管壁に入り込む。動脈硬化促進。
中性脂肪が高い人はLDLより20%リスクを上げる。

コレステロールを減らす方法

運動が一番いいです。歩くのがいい。
普段より速く歩いてカロリーを消費。
1.5倍いつもより速く歩く。
週に3日以上15分歩く。
有酸素運動は中性脂肪を減らし、HDL善玉を高くします。

食事ではさば缶に含まれるEPAはLDLや中性脂肪下げる要素が入っています。