脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

公開日: : 家庭の医学

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。
たとえ作られても脳のごみを捨てればいいという。
ゴミ出し力を高める方法をたけしの健康の医学でやってました。

なぜゴミ出し力が低下するのか

アルツハイマーの原因はタウとアミロイドベータ
正常でもアミロイドβはある。
ゴミ出し力がない認知症になると25倍アミロイドβが溜まる。

低下する原因のひとつは体の動きが悪くなること。
グータラ生活は血管の拍動が減る。
生活習慣の乱れ 運動不足 喫煙 動脈硬化。
長期的につづくことは危険因子となる。
運動不足にならないようにすることが認知症予防には大事。

脳のゴミは脳で発生し脳で溜まっている

脳のごみは血管の拍動で脳の外へ。
血管の拍動=アミロイドβを捨てる力
血管の拍動が低いと脳血管認知症になりやすいということでした。

これは国立循環器病センターがつきとめたそうです。

レスベラトロールを摂取すれば脳のゴミ出し力がアップする

ある栄養素を接種、それはレスベラトロール。
血管の拍動が向上する。

レスベラトロールとは

赤ワインの成分、ブドウの皮、ピーナッツの薄皮 ←父
ポリフェノールの一種。
どれぐらい摂取すればいいのかは不明。

ピーナッツ一日10粒~15粒で認知症に効果あり!

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はあるとのことです。
たった2日で効果はあるそうです。
遅い人でも5日で効果あり。
70歳80歳で女子大生20代のゴミ出し量を超えることができたそうです。

関連記事

no image

更年期障害に大豆イソフラボンは効くがエクオール産生菌が必要

日本人の食卓に深く根付いてきた大豆は「畑

記事を読む

コリン性じんましん

体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介され

記事を読む

PET検査とは?がん検診の受診時期

PET検査とは?がん検診の受診時期

がんは早期発見早期治療が必要 1cmぐ

記事を読む

no image

めまいの質問。風邪の後のふらつきが残るは前庭神経炎

めまいのここが聞きたいをNHKの今日の健

記事を読む

no image

コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

コレステロールが高い低いと長生きは間違い

記事を読む

no image

リンが原因の膝の痛み、骨折

治らない膝の痛みで1年動けなかった。

記事を読む

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。

記事を読む

no image

若い20代女性の原因がわからないめまい

原因がわからないめまいの症状、どこに行っ

記事を読む

血圧を下げるために40~41度のお湯に5~10分間つかるの?

血圧を下げるために40~41度のお湯に5~10分間つかるの?

NO(一酸化窒素)は血管の内皮細胞か

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑