脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

公開日: : 家庭の医学

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。
たとえ作られても脳のごみを捨てればいいという。
ゴミ出し力を高める方法をたけしの健康の医学でやってました。

なぜゴミ出し力が低下するのか

アルツハイマーの原因はタウとアミロイドベータ
正常でもアミロイドβはある。
ゴミ出し力がない認知症になると25倍アミロイドβが溜まる。

低下する原因のひとつは体の動きが悪くなること。
グータラ生活は血管の拍動が減る。
生活習慣の乱れ 運動不足 喫煙 動脈硬化。
長期的につづくことは危険因子となる。
運動不足にならないようにすることが認知症予防には大事。

脳のゴミは脳で発生し脳で溜まっている

脳のごみは血管の拍動で脳の外へ。
血管の拍動=アミロイドβを捨てる力
血管の拍動が低いと脳血管認知症になりやすいということでした。

これは国立循環器病センターがつきとめたそうです。

レスベラトロールを摂取すれば脳のゴミ出し力がアップする

ある栄養素を接種、それはレスベラトロール。
血管の拍動が向上する。

レスベラトロールとは

赤ワインの成分、ブドウの皮、ピーナッツの薄皮 ←父
ポリフェノールの一種。
どれぐらい摂取すればいいのかは不明。

ピーナッツ一日10粒~15粒で認知症に効果あり!

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はあるとのことです。
たった2日で効果はあるそうです。
遅い人でも5日で効果あり。
70歳80歳で女子大生20代のゴミ出し量を超えることができたそうです。

関連記事

LPSにより炎症が発生した細胞の炎症を50%抑える効果があるのがハチミツ

LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知

記事を読む

no image

コレステロール悪玉と善玉の違い、長生き

コレステロールが高い低いと長生きは間違い

記事を読む

認知機能の軽度障害の特徴

統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽

記事を読む

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

頻尿の代表的3つの症状、残尿感、いびき、のどの渇き

自分の頻尿がどのタイプかわかる問診です。

記事を読む

血圧を下げるために40~41度のお湯に5~10分間つかるの?

血圧を下げるために40~41度のお湯に5~10分間つかるの?

NO(一酸化窒素)は血管の内皮細胞か

記事を読む

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

電車の中でインフルエンザが移りにくい場所

ガムでインフルエンザの予防ができます。

記事を読む

no image

会社の無料の健診や特定健診で病気を予防

健診の結果で重大なトラブルを防ぐ。役所の

記事を読む

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

壁が熱中症になる原因ってどういうこと?

クーラーをつけているのに部屋の温度よりも

記事を読む

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

ブルーチーズが血管若返り?白い血の正体は油、食後高脂血症

高脂血症という病気は、中性脂肪が分解され

記事を読む

1枚のバスタオルで寝返り枕睡眠法

寝返り枕睡眠法。腹巻で腰痛が治る!

腰痛の原因になる睡眠時の姿勢。 寝返り

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑