「 総合内科 」 一覧

内科、総合内科の範疇を、健康番組の情報からピックアップしました。
日々の健康情報から、あ!これいいかも!鼻高々になる健康のためのグッドアイデアをご紹介します。

トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

2017/02/21 | 総合内科

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃんで脳出血は起こさない。 仕組みのわからない頭の中の出血は虐待を疑う大きなサイン。 病院は診断すると児童相談所に通告。 児

続きを見る

手がずっとしびれている原因は食中毒のドライアイスセンセーションだった

ドアを開けるのも指が痛い。 3ヶ月前からずっと手がしびれている。 汗がよく出る、背中がびりびり痛い。 長年不動産をしている。 来院一週間前、手の痺れ。 不動産系系 55歳 172cm 75k

続きを見る

皮膚は5つの感覚センサー、徐脈が原因のドライアイスセンセーション

2016/06/21 | 総合内科

皮膚には5つの感覚センサーがある 皮膚には痛いと感じる痛覚(自由神経終末)、 冷たいと感じる冷覚(クラウゼ小体)、 暖かいと感じる温覚(ルフィニ小体)、 圧覚/触覚(マイスネル小体) 圧

続きを見る

赤血球が原因。りんご病2週間後のだるさ、黄疸、胆石、貧血の病名は?

82歳の母と二人暮し。 母は認知症で世話をするのが大変。 4日前から熱が出てきた。 風邪にしてはだるいんです。 母親の面倒を見なくてはいけないし。 介護疲れかもしれませんよ。 問診

続きを見る

りんご病は治療法無し一週間で自然に治る、だが流産の恐れ

2016/04/18 | 総合内科

子供のほっぺたが赤くなることからりんご病と呼ばれる伝染性紅班は、大人もかかる。 関節の強い痛みが長引いたりする。 妊婦が感染すると流産のリスクも。 春から夏にかけてが患者が増えるシーズン。

続きを見る

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上りに倒れた。 2回目子供に絵本を読んで寝かしつけた後、立ちくらみで意識なくなり救急車。 病院に着いたときは意識が戻っていた。 救急車で来院し1回帰った、2回

続きを見る

失神と意識障害の違い

2016/04/14 | 総合内科

失神と意識障害の違い。 失神 意識を失った後数分で意識が戻る 意識障害 意識を失った後、脳の機能の一部が元に戻らない 救急車が到着した時には歩いて降りたなら失神。 失神の定義、

続きを見る

アキレス腱が太い、黄色いしこりの病名は高コレステロール血症

2016/04/09 | 総合内科

高コレステロール血症とは、血がどろどろになる病気の一つ。 健康診断の健診結果などでは脂質異常と記載される。 この病気には遺伝性があり、その名も家族性高コレステロール血症という。 これは自分で診断

続きを見る

お腹の激痛の原因病名はアクネス-acnes-前皮神経絞扼症候群だった

2016/03/23 | 総合内科

原因不明のお腹の激痛。 突然襲う謎の上半身の激痛、レントゲンに写らない病気。 上半身に釘で刺されたような激痛で救急車で救急病院へ。 痛みは治まったが原因がわからない。 また3日後同じ症状で救急

続きを見る

転びやすい、薬剤性はドーパミン遮断でプロラクチンが出過ぎるパーキンソン症候群

28歳パティシエ、ケーキ職人、仕込み、一週間前から転びやすい。 一度や二度ではない。 体が思うように動かない。 主訴 転びやすい 体温36.2度 血圧120/80 脈拍70回 呼

続きを見る

インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

2016/01/11 | 総合内科

私のブログでもアクセスがほとんどないインフルエンザネタです。 インフルエンザと風邪の違いは? 突然高熱が出ること。 なぜインフルエンザは突然熱がでるのか? ウイルス自身の増殖ス

続きを見る

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑