がんって何?特徴や早期診断できる大きさを解説

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 総合内科

がんになる確率。
日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が命を落とす。

男性の場合、胃がんにかかりやすく、肺がんで亡くなる可能性が高い。
女性の場合、乳癌にかかりやすく、大腸がんで亡くなる人が多い。

癌は怖い、だが癌検診を受けていない人が多い。
日本は世界一の長寿国だからがん患者が多い。
癌は男女ともに50歳を越えると急激に増加する。
なぜなら癌の主な原因は細胞の老化。
年をとればとるほど癌になる確立は高い。

がんって何?

人の体は数多くの60兆個の細胞で出来ている。
細胞の大きさは直径約0.0006~0.0025mm(6μm~25μm)
細胞は絶えず分裂を繰り返し人間の機能を維持している。
毎日1~2%の細胞が死に、その分を細胞分裂で補給。
しかし、分裂の際たまに起こるのが細胞のコピーミス。
このミスががん細胞。
実は健康な人でも1日にがん細胞は約5000個できている。
そのほとんどは免疫細胞(リンパ球)によって撃退される。

がん細胞の特徴は死なないこと

通常の細胞は細胞の寿命があり、50回ほどの細胞分裂後に分裂細胞を失う。
がん細胞はしなないため無限に分裂を繰り返し増殖する。
細胞が増えるには栄養がいる。
癌で命を落とすのは簡単に言うと栄養失調。

がんで命を失う主な原因

栄養失調や慢性的な炎症による体力の消耗。
免疫は有害なものを殺すのではなく自分ではないものを殺す。
がん細胞は元々は自分の細胞ですから異物と思いにくい。免疫細胞が見逃す。

がんは症状を出しにくい病気

だから早期発見に必要なのはがん検診。

診断できる早期がんは大きさ1~2cm

細胞分裂を約30回繰り返し、約1cmまでに成長する。
1cmになるまでの10~20年かかる。
だが、1cm~2cmまでは約2年。
大きくなるほど進行が早くなるため早期発見が重要。
早期がんに留まっている時間は1~2年。
がんで死なないためには癌を防ぐ生活習慣+早期発見が需要。

早期発見で9割が治る

1日5000勝0負だと思うと勇気がでてくる。

関連記事

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが

記事を読む

no image

喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血

記事を読む

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

17秒 起立後血圧回復時間

学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。

記事を読む

1%の脱水でも脳は痛みに過敏、神経過敏になる

熱中症になりやすいは筋肉が水分を溜めて防止。ドライボディーとは?

熱中症、血液ドロドロためして合点SPより

記事を読む

痛風患者のレントゲン写真

痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

通風は尿酸の濃度が高くなると起こる。

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

no image

顔、まぶたの赤みで胃がん、肺がん、乳がん

木沢記念病院の皮膚科、北島先生。  目

記事を読む

no image

寝酒は浅い睡眠が多く睡眠の質が悪くなる

駆け込みドクターのテレビで寝酒についてや

記事を読む

疲労回復には豚肉を食べる

疲労回復には豚肉を食べる

疲労とは体の筋肉に老廃物が溜まることです

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑