がんって何?特徴や早期診断できる大きさを解説

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 総合内科

がんになる確率。
日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が命を落とす。

男性の場合、胃がんにかかりやすく、肺がんで亡くなる可能性が高い。
女性の場合、乳癌にかかりやすく、大腸がんで亡くなる人が多い。

癌は怖い、だが癌検診を受けていない人が多い。
日本は世界一の長寿国だからがん患者が多い。
癌は男女ともに50歳を越えると急激に増加する。
なぜなら癌の主な原因は細胞の老化。
年をとればとるほど癌になる確立は高い。

がんって何?

人の体は数多くの60兆個の細胞で出来ている。
細胞の大きさは直径約0.0006~0.0025mm(6μm~25μm)
細胞は絶えず分裂を繰り返し人間の機能を維持している。
毎日1~2%の細胞が死に、その分を細胞分裂で補給。
しかし、分裂の際たまに起こるのが細胞のコピーミス。
このミスががん細胞。
実は健康な人でも1日にがん細胞は約5000個できている。
そのほとんどは免疫細胞(リンパ球)によって撃退される。

がん細胞の特徴は死なないこと

通常の細胞は細胞の寿命があり、50回ほどの細胞分裂後に分裂細胞を失う。
がん細胞はしなないため無限に分裂を繰り返し増殖する。
細胞が増えるには栄養がいる。
癌で命を落とすのは簡単に言うと栄養失調。

がんで命を失う主な原因

栄養失調や慢性的な炎症による体力の消耗。
免疫は有害なものを殺すのではなく自分ではないものを殺す。
がん細胞は元々は自分の細胞ですから異物と思いにくい。免疫細胞が見逃す。

がんは症状を出しにくい病気

だから早期発見に必要なのはがん検診。

診断できる早期がんは大きさ1~2cm

細胞分裂を約30回繰り返し、約1cmまでに成長する。
1cmになるまでの10~20年かかる。
だが、1cm~2cmまでは約2年。
大きくなるほど進行が早くなるため早期発見が重要。
早期がんに留まっている時間は1~2年。
がんで死なないためには癌を防ぐ生活習慣+早期発見が需要。

早期発見で9割が治る

1日5000勝0負だと思うと勇気がでてくる。

関連記事

no image

恋で胸が苦しく布団に入ったら心臓がどきどきする

心臓がどきどきするのと寝ることについての

記事を読む

休肝日とトマトジュース

休肝日とトマトジュース、炭酸でうがいは効果なし

駆け込みドクターで、都市伝説を医師が回答

記事を読む

痛風患者のレントゲン写真

痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

通風は尿酸の濃度が高くなると起こる。

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

1日目で101の血糖値が99に

血糖値が下がる温泉の泉質は酸性泉で血管も若返る

血管と腸を若返らせる温泉。 血管は加齢

記事を読む

no image

風邪には暖かいお茶でうがいをする

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。

記事を読む

腎臓を立位で触診する

女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性

記事を読む

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

no image

急性腹症で救急車の原因は流行性筋痛症だった

創業100年を超える温泉旅館の女将44歳

記事を読む

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため
病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

救急の医者の白衣、 半袖の先生が多いと思います。 病院の先生の

→もっと見る

PAGE TOP ↑