がんって何?特徴や早期診断できる大きさを解説

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 総合内科

がんになる確率。
日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が命を落とす。

男性の場合、胃がんにかかりやすく、肺がんで亡くなる可能性が高い。
女性の場合、乳癌にかかりやすく、大腸がんで亡くなる人が多い。

癌は怖い、だが癌検診を受けていない人が多い。
日本は世界一の長寿国だからがん患者が多い。
癌は男女ともに50歳を越えると急激に増加する。
なぜなら癌の主な原因は細胞の老化。
年をとればとるほど癌になる確立は高い。

がんって何?

人の体は数多くの60兆個の細胞で出来ている。
細胞の大きさは直径約0.0006~0.0025mm(6μm~25μm)
細胞は絶えず分裂を繰り返し人間の機能を維持している。
毎日1~2%の細胞が死に、その分を細胞分裂で補給。
しかし、分裂の際たまに起こるのが細胞のコピーミス。
このミスががん細胞。
実は健康な人でも1日にがん細胞は約5000個できている。
そのほとんどは免疫細胞(リンパ球)によって撃退される。

がん細胞の特徴は死なないこと

通常の細胞は細胞の寿命があり、50回ほどの細胞分裂後に分裂細胞を失う。
がん細胞はしなないため無限に分裂を繰り返し増殖する。
細胞が増えるには栄養がいる。
癌で命を落とすのは簡単に言うと栄養失調。

がんで命を失う主な原因

栄養失調や慢性的な炎症による体力の消耗。
免疫は有害なものを殺すのではなく自分ではないものを殺す。
がん細胞は元々は自分の細胞ですから異物と思いにくい。免疫細胞が見逃す。

がんは症状を出しにくい病気

だから早期発見に必要なのはがん検診。

診断できる早期がんは大きさ1~2cm

細胞分裂を約30回繰り返し、約1cmまでに成長する。
1cmになるまでの10~20年かかる。
だが、1cm~2cmまでは約2年。
大きくなるほど進行が早くなるため早期発見が重要。
早期がんに留まっている時間は1~2年。
がんで死なないためには癌を防ぐ生活習慣+早期発見が需要。

早期発見で9割が治る

1日5000勝0負だと思うと勇気がでてくる。

関連記事

病名は鎖骨下動脈盗手症候群

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上り

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

むくみもどき。 全身の臓器がむくんでし

記事を読む

no image

サボり病?月曜日だけ元気になる続発性副腎不全 ACTH欠乏症

体温36.5 血圧128/84 脈拍76

記事を読む

no image

右下腹部痛は肺の関連痛だった、膿胸、胸膜炎

総合診療医ドクターG ベテラン漁師58

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

シュウ酸はカルシウムと一緒に取ると、便で排出される

高尿酸結晶の自覚症状がない

尿酸のトゲの結晶、尿酸塩結晶、高尿酸

記事を読む

no image

恋で胸が苦しく布団に入ったら心臓がどきどきする

心臓がどきどきするのと寝ることについての

記事を読む

no image

風邪には暖かいお茶でうがいをする

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。

記事を読む

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪の時こそ肉を食べるべき。 喉の粘膜

記事を読む

no image

緊張で手汗は病気?ジョギングは昼、朝に下痢

あまり汗をかかない あまり汗をかか

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑