ふくらはぎの筋ポンプ作用は第二の心臓

公開日: : 最終更新日:2014/08/18 総合内科

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血行にかかわる大事な場所。
血行的なふくらはぎの硬さに近いのはこんにゃく。


ふくらはぎの筋ポンプ作用は第二の心臓

ふくらはぎケアで改善する!?

冷え、肩こり、腰痛、高血圧、脳梗塞、糖尿病
心筋梗塞、うつ、がん、心筋梗塞、肥満、不眠、膝痛

ふくらはぎの筋ポンプ作用

ふくらはぎは筋肉が収縮することによって静脈が押されて、血液が押し出される。
筋ポンプ作用は血流をエコーで見るとわかる。
ふくらはぎの静脈は筋肉で囲われている。弁で血液の逆流を防ぐ。
足首を動かすと筋ポンプ作用が起こり、血液がより流れる。

心臓が押し出した血液は体の隅々までめぐり静脈を通って心臓に戻る。
心臓から遠い足の先では血液の勢いが弱まる。
そこでふくらはぎの筋肉が伸縮する筋ポンプ作用で血液を心臓に押し戻している。
このような働きから第二の心臓と呼ばれている。

これが衰えるのが筋力低下、運動不足。
筋ポンプ作用は加齢や男女差も影響する。
衰えると体に悪影響が起こる。

筋ポンプ作用の衰え

冷えが起こる。

血流が悪くなり、体の隅々に熱を運べない。

むくみが起こる。

血液やリンパの流れが滞り、細胞の間に水分が染み出てしまう。

こりが起こる。

筋肉のバランスが崩れ姿勢が悪くなり、肩こり、首こり、腰痛などになる。

血流は

立位 毎秒6.3cm
座位 毎秒4,4cm
座位30分 3,1cm
長時間同じ姿勢で過ごすと筋ポンプ作用が弱まる。

不安になったあなたに、ふくらはぎの血流を改善する方法があります。
名づけて「渡辺式、ふくらはぎパンパン法」の正しい方法とは?

関連記事

no image

インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

私のブログでもアクセスがほとんどないイン

記事を読む

no image

関連痛-脊髄神経の領域で脳が痛みの場所を取り違える

ひとつの病気で一つの場所で説明するには関

記事を読む

no image

椅子に座る時間が長いと大腸がんになる

先日駆け込みドクターというテレビでやって

記事を読む

胃癌が治る、胃癌予防野菜ジュースの作り方

胃癌が治る野菜ジュースの作り方

日曜朝の健康カプセルでステージ4の余命1

記事を読む

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪の時こそ肉を食べるべき。 喉の粘膜

記事を読む

アカモクにポン酢でご飯に!ネバネバが腸に届く!

アカモクにポン酢でご飯に!ネバネバが腸に届く!

海洋研究のスペシャリストが提唱する免疫力

記事を読む

no image

高熱の時はおへその上を冷やす

風邪を治すには体温を上げるが効果的。

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

むくみもどき。 全身の臓器がむくんでし

記事を読む

休肝日とトマトジュース

休肝日とトマトジュース、炭酸でうがいは効果なし

駆け込みドクターで、都市伝説を医師が回答

記事を読む

触るだけで動く!顔のむくみを改善するリンパマッサージ

触るだけで動く!顔のむくみを改善するリンパマッサージ

むくみを取るリンパマッサージのご紹介です

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑