ふくらはぎの筋ポンプ作用は第二の心臓

公開日: : 最終更新日:2014/08/18 総合内科

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血行にかかわる大事な場所。
血行的なふくらはぎの硬さに近いのはこんにゃく。


ふくらはぎの筋ポンプ作用は第二の心臓

ふくらはぎケアで改善する!?

冷え、肩こり、腰痛、高血圧、脳梗塞、糖尿病
心筋梗塞、うつ、がん、心筋梗塞、肥満、不眠、膝痛

ふくらはぎの筋ポンプ作用

ふくらはぎは筋肉が収縮することによって静脈が押されて、血液が押し出される。
筋ポンプ作用は血流をエコーで見るとわかる。
ふくらはぎの静脈は筋肉で囲われている。弁で血液の逆流を防ぐ。
足首を動かすと筋ポンプ作用が起こり、血液がより流れる。

心臓が押し出した血液は体の隅々までめぐり静脈を通って心臓に戻る。
心臓から遠い足の先では血液の勢いが弱まる。
そこでふくらはぎの筋肉が伸縮する筋ポンプ作用で血液を心臓に押し戻している。
このような働きから第二の心臓と呼ばれている。

これが衰えるのが筋力低下、運動不足。
筋ポンプ作用は加齢や男女差も影響する。
衰えると体に悪影響が起こる。

筋ポンプ作用の衰え

冷えが起こる。

血流が悪くなり、体の隅々に熱を運べない。

むくみが起こる。

血液やリンパの流れが滞り、細胞の間に水分が染み出てしまう。

こりが起こる。

筋肉のバランスが崩れ姿勢が悪くなり、肩こり、首こり、腰痛などになる。

血流は

立位 毎秒6.3cm
座位 毎秒4,4cm
座位30分 3,1cm
長時間同じ姿勢で過ごすと筋ポンプ作用が弱まる。

不安になったあなたに、ふくらはぎの血流を改善する方法があります。
名づけて「渡辺式、ふくらはぎパンパン法」の正しい方法とは?

関連記事

繊維筋痛症の特徴は全身の18箇所に痛み

手先足先のしびれ+痛みは繊維筋痛症と?

しびれは手先足先、痛む場所としびれる場所

記事を読む

no image

生活習慣などで変化する遺伝子、遺伝の癌は5%程度

がんを早期に発見できる検査が遺伝子検査。

記事を読む

疲労回復には豚肉を食べる

疲労回復には豚肉を食べる

疲労とは体の筋肉に老廃物が溜まることです

記事を読む

ダイエットには豚肉で豚しゃぶで幸せホルモン

ダイエットには豚肉で豚しゃぶで幸せホルモン

ダイエットをするなら豚肉を食べるのがオス

記事を読む

触るだけで動く!顔のむくみを改善するリンパマッサージ

触るだけで動く!顔のむくみを改善するリンパマッサージ

むくみを取るリンパマッサージのご紹介です

記事を読む

no image

寝れない時、寝れる裏技!タッピング療法!駆け込みドクター

駆け込みドクターで、寝れない時、寝れるよ

記事を読む

no image

長野県そばルチン味噌がん予防老化防止りんご

長生き男女ともに長寿が長野県。 定番の

記事を読む

no image

眠りを妨げるダメな行動

夕食後に緑茶はダメ 緑茶はカフェイ

記事を読む

no image

急性腹症で救急車の原因は流行性筋痛症だった

創業100年を超える温泉旅館の女将44歳

記事を読む

夏バテが治らないは結核。だるさが抜けない。仕事も困る

夏バテが治らないは結核。だるさが抜けない。仕事も困る

35歳男性、主訴、夏バテが治らない。

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑