フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 総合内科

インナーマッスルが認知症の予防に効果があるとテレビでやってました。
決め手はインナーマッスルを鍛えることです。


フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

まず、普段使わない運動で脳の血流が上がる

普段使わない筋肉を使うと脳があくせくするため脳の血流が上がる。
インナーマッスルは普段鍛えない筋肉なので鍛えようとすると脳にいい影響を与える。
よく指先を使えば認知症が予防できるというが、その理由は難しい動作をすると脳に血流がいくから。

インナーマッスルを鍛えると血圧が下がる

ゆっくり運動することでインナーマッスルを鍛えると、代謝が上がり血流が増えて血圧が安定する。

フラダンスでインナーマッスルを鍛える

循環器中町クリニックでは、病院の2階でフラダンス教室を行っている。
週4日あいていて、15キロ痩せたという人も。

フラダンスのいいところは、運動強度が強くないので中高年に最適なところ。
さらに音楽に合わせて仲間とするので長く続きやすい。
ストイックなトレーニングだと飽きてしまい続かない。

フラダンスは中腰の低姿勢で姿勢を意識しながらゆっくり動く。
インナーマッスル(特に大腰筋)が鍛えられる。
内臓脂肪にも効果あり。
急がずゆっくり正しい姿勢で行うのがコツです。

関連記事

no image

きんさんぎんさん3姉妹の長寿の秘訣

きんさんぎんさん3姉妹の長寿の秘訣

記事を読む

no image

右下腹部痛は肺の関連痛だった、膿胸、胸膜炎

総合診療医ドクターG ベテラン漁師58

記事を読む

アカモクにポン酢でご飯に!ネバネバが腸に届く!

アカモクにポン酢でご飯に!ネバネバが腸に届く!

海洋研究のスペシャリストが提唱する免疫力

記事を読む

17秒 起立後血圧回復時間

学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。

記事を読む

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

no image

風邪で咳が酷くて寝れないときは?

副腎皮質ホルモンは医薬品にも使われている

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

no image

デザートと別バラ、脂肪、油は学習記憶障害が起きる

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

寝違えが起こる理由、病名は頚椎捻挫

寝違えが起こる理由、病名は頚椎捻挫

寝違えは医学用語ではない。 医学用語で

記事を読む

便秘はくも膜下出血になりやすい

便秘はくも膜下出血になりやすい

脳動脈瘤が破裂し脳内出血を起こす病気

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑