フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 総合内科

インナーマッスルが認知症の予防に効果があるとテレビでやってました。
決め手はインナーマッスルを鍛えることです。


フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

まず、普段使わない運動で脳の血流が上がる

普段使わない筋肉を使うと脳があくせくするため脳の血流が上がる。
インナーマッスルは普段鍛えない筋肉なので鍛えようとすると脳にいい影響を与える。
よく指先を使えば認知症が予防できるというが、その理由は難しい動作をすると脳に血流がいくから。

インナーマッスルを鍛えると血圧が下がる

ゆっくり運動することでインナーマッスルを鍛えると、代謝が上がり血流が増えて血圧が安定する。

フラダンスでインナーマッスルを鍛える

循環器中町クリニックでは、病院の2階でフラダンス教室を行っている。
週4日あいていて、15キロ痩せたという人も。

フラダンスのいいところは、運動強度が強くないので中高年に最適なところ。
さらに音楽に合わせて仲間とするので長く続きやすい。
ストイックなトレーニングだと飽きてしまい続かない。

フラダンスは中腰の低姿勢で姿勢を意識しながらゆっくり動く。
インナーマッスル(特に大腰筋)が鍛えられる。
内臓脂肪にも効果あり。
急がずゆっくり正しい姿勢で行うのがコツです。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑