フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 総合内科

インナーマッスルが認知症の予防に効果があるとテレビでやってました。
決め手はインナーマッスルを鍛えることです。


フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

まず、普段使わない運動で脳の血流が上がる

普段使わない筋肉を使うと脳があくせくするため脳の血流が上がる。
インナーマッスルは普段鍛えない筋肉なので鍛えようとすると脳にいい影響を与える。
よく指先を使えば認知症が予防できるというが、その理由は難しい動作をすると脳に血流がいくから。

インナーマッスルを鍛えると血圧が下がる

ゆっくり運動することでインナーマッスルを鍛えると、代謝が上がり血流が増えて血圧が安定する。

フラダンスでインナーマッスルを鍛える

循環器中町クリニックでは、病院の2階でフラダンス教室を行っている。
週4日あいていて、15キロ痩せたという人も。

フラダンスのいいところは、運動強度が強くないので中高年に最適なところ。
さらに音楽に合わせて仲間とするので長く続きやすい。
ストイックなトレーニングだと飽きてしまい続かない。

フラダンスは中腰の低姿勢で姿勢を意識しながらゆっくり動く。
インナーマッスル(特に大腰筋)が鍛えられる。
内臓脂肪にも効果あり。
急がずゆっくり正しい姿勢で行うのがコツです。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑