フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 総合内科

インナーマッスルが認知症の予防に効果があるとテレビでやってました。
決め手はインナーマッスルを鍛えることです。


フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

まず、普段使わない運動で脳の血流が上がる

普段使わない筋肉を使うと脳があくせくするため脳の血流が上がる。
インナーマッスルは普段鍛えない筋肉なので鍛えようとすると脳にいい影響を与える。
よく指先を使えば認知症が予防できるというが、その理由は難しい動作をすると脳に血流がいくから。

インナーマッスルを鍛えると血圧が下がる

ゆっくり運動することでインナーマッスルを鍛えると、代謝が上がり血流が増えて血圧が安定する。

フラダンスでインナーマッスルを鍛える

循環器中町クリニックでは、病院の2階でフラダンス教室を行っている。
週4日あいていて、15キロ痩せたという人も。

フラダンスのいいところは、運動強度が強くないので中高年に最適なところ。
さらに音楽に合わせて仲間とするので長く続きやすい。
ストイックなトレーニングだと飽きてしまい続かない。

フラダンスは中腰の低姿勢で姿勢を意識しながらゆっくり動く。
インナーマッスル(特に大腰筋)が鍛えられる。
内臓脂肪にも効果あり。
急がずゆっくり正しい姿勢で行うのがコツです。

関連記事

no image

足がつる、尿検査で自己免疫疾患と摂食障害を見分ける

NHKのドクターGより。 若い20代女

記事を読む

no image

顔、まぶたの赤みで胃がん、肺がん、乳がん

木沢記念病院の皮膚科、北島先生。  目

記事を読む

no image

風邪は温かいスポーツドリンクを飲む

温かいスポーツドリンクは体液と成分が似て

記事を読む

胃癌が治る、胃癌予防野菜ジュースの作り方

胃癌が治る野菜ジュースの作り方

日曜朝の健康カプセルでステージ4の余命1

記事を読む

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪の時こそ肉を食べるべき。 喉の粘膜

記事を読む

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが

記事を読む

痛風患者のレントゲン写真

痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

通風は尿酸の濃度が高くなると起こる。

記事を読む

no image

緊張で手汗は病気?ジョギングは昼、朝に下痢

あまり汗をかかない あまり汗をかか

記事を読む

no image

円形脱毛症の病院での治療法の種類

他人に感染せず、命に関わる病気でもない円

記事を読む

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑