いい医者になるには小馬鹿にせず加湿器置いて感じのいい受付置いて看護師任せにしない

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 総合内科

信用できない医者、悪い医者の見分け方。
見分ける武器はセカンドオピニオンだそうです。
駆け込みドクター看護師100人がいい医者いい病院の見分け方二時間スペシャルよりです。

信用できない医者、悪い医者の見分け方

冒頭の現役看護師の意見

病院が汚れていたり、ナースステーションがガヤガヤは仕事も乱雑です。
いっぱい診療科目でもひとつのことしかできないのに浅く見て、すぐ大きい病院に紹介状書いて送るのも診療レベルが低い。

こんな医者や病院は信用できない

医師が看護師を看護師を小馬鹿にしている病院は信用できない

医者と看護師はよきパートナー関係であるべき。
医療ミスなどを引き起こしてしまいます。

セカンドオピニオンを言い出しにくい医師は信頼できない

セカンドオピニオンを希望をしたとき、自分の診断に納得がいかないのか、勝手にしろなどいう医者は信用できない。

待合室に加湿器のない病院は信用できない

町の診療所はせき込む患者でいっぱい。しかし加湿器がない。
風邪やインフルエンザ、院内感染予防に取り組むのは当たり前。
加湿器を置くのは最低限の予防策。

受付が感じの悪い病院は信用できない

受付会計は医療事務の力の見せ所ですね。
初めて来た受付。受付嬢の感じが悪い。
受付は病院の顔。患者に対して態度が悪いのは教育が行き届いていない証拠です。

あとは看護師に聞いてという医者は信用できない

初めての病院は不安がいっぱい。
医者に相談すると、あとは看護師に聞いてくださいなどという医者は信用できない。
熱心な問診はいい医者を見分けるポイントです。
患者の訴えがてがかりなので、看護師任せは論外です。

いい医者か悪い医者かを見分ける最強の武器はセカンドオピニオンです。
上記の問いをまとめると、いい医者になるには、看護師を小馬鹿にせず、加湿器を置いて、感じのいい医療事務を置いて、何事も看護師任せにしないことなんですね。

看護師100人に聞いたこんな患者に困っています

権威をひけらかす患者

自分の息子が弁護士だから、すぐ訴えるよ。
来月の10日に胃カメラをしましょうと言うと、知り合いの権威をひけらかす。

いきなりの患者

胃の不調を訴えていた、胃カメラしましょう、今日お願いします!
胃カメラをするには前日から食事を抜くなど処置が必要。
忙しいんですよ!当日やってくれという患者。

勝手に決めつける患者

自分で自己診断で薄い知識で言われる人もいる。
熱が38度以上あるのでインフルエンザの香港A型ですねと病気を決めつけ。インフルエンザ薬を出してくださいという。

入院したがる患者

バイク事故を起こした患者。肋骨にヒビ。
軽傷にもかかわらず入院したがる。

関連記事

痛風患者のレントゲン写真

痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

通風は尿酸の濃度が高くなると起こる。

記事を読む

病名は鎖骨下動脈盗手症候群

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上り

記事を読む

コレステロールを下げる粉末の高野豆腐

コレステロールを下げる粉末の高野豆腐

粉豆腐は長野ではよく食べ続けられている、

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性のぢは、肛門外来で 今日の7時から

記事を読む

no image

椅子に座る時間が長いと大腸がんになる

先日駆け込みドクターというテレビでやって

記事を読む

休肝日とトマトジュース

休肝日とトマトジュース、炭酸でうがいは効果なし

駆け込みドクターで、都市伝説を医師が回答

記事を読む

何日も吐いても楽にならない呼吸が苦しい病気は糖尿病性ケトアシドーシス

何日も吐いても楽にならない呼吸が苦しい病気は糖尿病性ケトアシドーシス

42歳、今日も一日中、吐きけが止まらない

記事を読む

酢豚にパインが入っている

むくみ、動脈硬化は豚肉

むくみには豚肉 血管から染み出す水

記事を読む

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑