喀血と血痰と吐血の違いは量と色

公開日: : 総合内科

血痰は2ml以下のものを言う

喀血とは気道または肺から血液が喀出すること。
よくドラマで、口からべちょっと赤い・赤黒いものが出るのは吐血で、
ウェヘッ、ゴホッっと咳をした時に痰などに血が交じったものが出るのが喀血です。
咽頭・気管支・肺実質からの出血を言い、咽頭や鼻腔、口腔からの出血は喀血とは呼びません。
量的には2ml~5ml以上喀出した場合を言い、それ以下を血痰と言います。

喀血の量

  • 少喀血(10~20ml、盃に1~2杯程度)喀痰と混和しているか純血液
  • 中喀血(20~100ml、コップあるいは茶碗に1杯程度)泡を含んだ血液
  • 大喀血(100ml以上あるいは24時間以内に600ml以上の喀血)鮮血、色鮮やかな血、咳嗽、泡を含まないことも有る
  • 出血直後に喀出された血液は鮮血
  • 気管支内に停滞してやや古くなった血液は暗色、凝固血(コアグラ)
  • 喀血液が一度胃に嚥下されてから吐出されたものは胃液の作用を受けて暗褐色

吐血と喀血の違い

  吐血 喀血
原因疾患 食道・胃・十二指腸疾患 呼吸器・血液・心疾患
発現状態 嘔吐時に排出、悪心、腹痛を伴いやすい 咳嗽時に排出、呼吸困難、胸内苦悶を伴いやすい
性状 凝固性、泡沫なし 流動性、泡沫状
暗赤色~コーヒー残渣様 紅紅色、時間経過によって暗色
反応 酸性 アルカリ性
食物残渣 あり なし
糞便 黒色、タール便 正常

関連記事

no image

血圧の上と下どっちが危険?

血圧には上と下が有る。 どちらが危険か

記事を読む

no image

なぜ寝れない?扇風機は壁に向ける、布団はお腹だけ

なかなか眠れない人はなぜ寝れないのか。

記事を読む

no image

恋で胸が苦しく布団に入ったら心臓がどきどきする

心臓がどきどきするのと寝ることについての

記事を読む

gan2

日本の癌の治療法。手術が圧倒的に多い

癌の治療法はおおきく3つ 手術

記事を読む

アキレス腱が太い病気は高コレステロール血症

アキレス腱が太い、黄色いしこりの病名は高コレステロール血症

高コレステロール血症とは、血がどろどろに

記事を読む

病名はアクネス(acnes)前皮神経絞扼症候群

お腹の激痛の原因病名はアクネス-acnes-前皮神経絞扼症候群だった

原因不明のお腹の激痛。 突然襲う謎の上

記事を読む

no image

失神と意識障害の違い

失神と意識障害の違い。 失神 意

記事を読む

no image

風邪は温かいスポーツドリンクを飲む

温かいスポーツドリンクは体液と成分が似て

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

むくみもどき。 全身の臓器がむくんでし

記事を読む

no image

寝つき,寝起きが悪いすっきり目覚める方法と朝食

寝つき、寝起きが悪いをすっきり目覚める方

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑