血糖値が下がる温泉の泉質は酸性泉で血管も若返る

血管と腸を若返らせる温泉。
血管は加齢と主に硬くなる動脈硬化。
急激に進めるのが血糖値。
血糖値が高くなると血管にダメージを与える。
プラークが出来やすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などになることも。
入浴だけで血糖値を若返らせる!

酸性泉が血糖を下げる理由

酸性泉PH3
群馬万座温泉。
特徴は強い硫黄臭 ピリピリした刺激
なぜ酸性泉で血糖値が下がるのか?
解けている成分亜鉛、胴、クロムなどの微量元素がインスリンの作用を高める。
血糖値が上がるとインスリンが分泌、糖分を筋肉や臓器に運ぶ。
血糖値は一定に保たれている。

酸性泉は、地中からわきあがるとき岩石などを溶かす作用が多い。
亜鉛とマンガンが多く含まれている。
亜鉛とマンガンが皮膚から体内に入り、膵臓に届き、インスリンの作用を高める。
その結果、血糖値が下がる。

どの程度血管が若返るのでしょうか?

一般的に健康診断で測定するのは食後10時間以上 空腹時血糖
100未満であれば正常 126以上で糖尿病の疑いあり。

箱根強羅温泉
黒卵 寿命が7年延びるといわれる
自然薯ステーキ 麦とろろご飯も食べる 総カロリー840カロリー

大湧谷 温泉 亜鉛 マンガンがたっぷり
桐谷箱根荘
硫黄も多く、風呂の底には湯の花という泥が溜まっている。温度は41度。
2泊3日でお風呂に入るだけでどれだけ下がるか?
皮膚の弱い方は温泉火傷や湯あたりを起こしやすいで注意。
1日2~3回が限度です。
入浴は1日3回まで。
食後に1回は5分以内。

1日目で101の血糖値が99に
2人の検証
1日目で101の血糖値が99に
102だった血糖値が101。

3日 5回の入浴で
血糖値101が、92
血糖値102が、83

血管年齢80歳以上が40歳代に。
血管も若返った。