危険なウイルスワースト5は死亡率で決まる!

公開日: : 最終更新日:2014/10/07 総合内科

今知っておくべき、危険なウイルスワースト5がテレビで放送していたのでご紹介します。
林修の今でしょ健康スペシャルよりです。

1位 狂犬病ウイルス

紀元前1885年のメソポタミア文明の頃からあったらしい。
2006年に日本でも渡航者で発生。
死亡率100%。
普通はウイルスは血液を介しても、脳には関所(血液髄液関門)が合って入りにくい。
だが、脳までウイルスが侵食していくのが狂犬病ウイルスが怖いところ。

脳に侵食されると幻覚、精神混乱、唾液にウイルスがいる。
噛んだとき唾液でウイルスを注入される。
治療法はワクチンが主体になっている。

日本では獣医の先生が狂犬病ワクチンを打っている。
日本ではない地域で犬に噛まれると危ない。
すぐワクチンを打つだとか、流水で洗うこと。
すぐワクチンを打つで間に合う。

他国で起きたことが自分では実感できない。
人は冷静に対応して、正しい情報収集が大事。

2位 エボラウイルス

今年8月に緊急事態WHO。
1976年、中央アフリカ、スーダンのオオコウモリが原因。コウモリを食べるようになったからだとか。

すぐに重症化するのが特徴。
突然発熱やお腹下す、一週間のうちにどんどんいろんな内蔵が冒される。
一週間で死亡、人間の死亡率は50%。
WHOは流行地域に行くなといってない。
商業的な意味もあり、患者の体液、血液に触るなということで、渡航禁止は出していない。

だからこそ感染した人が日本に来る可能性がある。
現地の人は病院に行くと死ぬからみんなこない。西アフリカや西リベリアでは隔離できていない。
1970年代からあった。
人から人に人口に密集で病院はない。隔離室がない。
空気感染のようなものではない。
アフリカの風土病のようなものなのでスピードが遅い。
日本では陰圧室で隔離し、第一種感染症指定医療機関へ搬送する。

3位 SFTSウイルス

2009年に中国で発見された重症熱性血小板減少性症候群という病気。
デング熱の運び屋はヒトスジシマカに対し、SFTSの運び屋はマダニ

熱と消化器の症状がでる。
お腹が痛い、解熱する、便の中に血が混じる、血の塊が出るイメージ。
危険ポイントは、西日本のみで発生していること。
マダニは家ダニとは違う、山とか動物にいるダニ。
患者の地域は和歌山より西。詳しい理由はわかっていない。
発症例は85~87名の発見されて間もない病気。

医者も気づかないことがある。
2~3年の話なので知識が追いついていかない。
マダニに噛まれたことを覚えておいて、医者に教える等のアピールが大事。
風邪のような扱いをされるため診断が難しい。死亡率30%ぐらいある。
マダニの活動期間は、昨年、今年、SFTS流行の時期5月7月がピーク。

4位 鳥インフルエンザウイルス

鳥にしかかからないH5N1が初めて香港で人に感染してしまった。
今でも世界で大流行している。
普通は鼻から呼吸器に入るが、肺だけでなくほかの内蔵まで侵食する。
危険ポイントは潜伏期間が2日。デングは4~7日。
人間の治癒力よりも早い。
鳥の体温41度、人間は36~37度と低いのでかからないと思っていた。
突然変異した。

5位 ノロウイルス

食中毒の48%を占める。これからの季節に大流行。
4度で二ヶ月生きられる。
発見された当初から冬の胃のインフルエンザと言われている。
ノロウイルスになると吐く。下痢、便にウイルスが含まれる。
下水が川に流れて海、プランクトンを2枚貝が食べる、それを人間が食べるという循環。

ノロウイルスで窒息死する理由。
お年寄りは吐いた時、口にあった嘔吐物が喉に詰まって窒息する。
正月のお餅と同じ扱い。
集団感染の感染力の強さ。
食中毒のばい菌100万1000万個、ノロは10個~100個入っただけで食中毒を起こす。

手から手へ感染する。
ドアノブなどをとおして集団感染が起こる。予防法は手洗い。
特効薬やワクチンがないので水分や点滴で対症療法しかない。
石鹸を泡立てて手に付着したウイルスを滑らせて落とす。

関連記事

皮膚には5つの感覚センサーがある

皮膚は5つの感覚センサー、徐脈が原因のドライアイスセンセーション

皮膚には5つの感覚センサーがある

記事を読む

頭を動かしただけで視覚障害や味覚障害が起こる

物が二重に見える味付けが濃くなるめまいは頚骨脳底動脈循環不全

めまいの問診・名医の視点 ●手足の

記事を読む

gan2

日本の癌の治療法。手術が圧倒的に多い

癌の治療法はおおきく3つ 手術

記事を読む

no image

眠りを妨げるダメな行動

夕食後に緑茶はダメ 緑茶はカフェイ

記事を読む

日本人のための癌予防法

日本人のための癌予防法

駆け込みドクターの名医達が導き出した、日

記事を読む

no image

こむら返りと御茶ノ水血管外科、下肢静脈瘤センター

寝ている時突然足がつるこむら返りには驚き

記事を読む

no image

高熱の時はおへその上を冷やす

風邪を治すには体温を上げるが効果的。

記事を読む

休肝日とトマトジュース

休肝日とトマトジュース、炭酸でうがいは効果なし

駆け込みドクターで、都市伝説を医師が回答

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

no image

風邪には暖かいお茶でうがいをする

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。

記事を読む

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

→もっと見る

PAGE TOP ↑