コレステロールを下げる粉末の高野豆腐

粉豆腐は長野ではよく食べ続けられている、高野豆腐から作られたもの。
高野豆腐を特殊加工で粉末にしたもので栄養成分は同じ。
しかし、なぜコレステロールを下げるのか?

消化されにくい高野豆腐がコレステロールを吸着して便に出るから

コレステロールを下げる粉末の高野豆腐
たんぱく質そのものは大事。
良質なたんぱく質が含まれている。
その中でもレジスタント蛋白は消化されにくいたんぱく質。
コレステロールを下げる植物性たんぱく質の一つ。
特にLDL悪玉コレステロールを下げるといわれている。

レジスタント蛋白の含有量が高野豆腐がずば抜けて多い

大豆製品にふくまれていて、例えば木綿豆腐 1.9g高野豆腐3.4gのレジスタント蛋白が含まれている。
非常に体内で吸収されにくく、植物繊維のような働きをする。
レジスタントタンパクが、腸まで働き、吸収される前のコレステロールと結合し、体内に排出される。
動脈硬化のリスクが下がり、健康寿命を延ばすことに繋がる。

高野豆腐1枚切ったりしながら煮物に使うのもいいが、粉にすれば料理のバリエーションを広くする。
無理なく沢山食べられる。
長野県飯田市は高野豆腐生産量日本一。
奈良の高野山じゃないんですね~。