むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 総合内科

むくみもどき。
全身の臓器がむくんでしまう状態。
対策がきかないむくみは要注意。
足だけじゃなく全身むくんで指輪を切断した人も。

特徴的な症状は?

内臓むくみといわれる状態。
冷え、抜け毛、動悸、肥満、便秘、息切れ、抜け毛などの症状がある。
視界が狭まるのは、むくんだのはまぶたのせい。
足も手もむくんできた、命に危険が迫る。
激しい、手や顔のむくみで呼吸困難の後、入院。

健康診断で心陰影拡大と言われる場合もある

健康診断で要精密検査の人も。
心陰影拡大。むくみもどきは心臓が大きくなる。
心臓から送られる血液が3倍多い。
普通に寝ているとき呼吸できない状態、声が出なくなる。

むくみもどきを見つける方法

声で見分ける

声が低くなった?
むくみが声帯にもおよび、発しづらい、声が低くなる。

指で5秒強くおしてくぼまない

指で見分ける。
むこうずねのあたりを強く押す。
へこむのが普通のむくみ。
へこまないのがむくみもどき。

ヒアルロン酸、ゼリー状の物質は体の細胞が作っている。
なんのためか、細胞と細胞の隙間をうめるクッションとしてヒアルロン酸が足にたまり過ぎてむくんでいる。

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり
首のエコーでむくみの犯人を特定。
片側が腫れている甲状腺の働きが低くなっている可能性がある。
甲状腺は直径が5cmの臓器
全身の60兆の細胞に必要なホルモンを作っている。

ヒアルロン酸は皮膚に入れてしわととる。
ヒアルロン酸を微調整する白い粉
さらさらの液体にするヒアルロン酸を分解する酵素

甲状腺の機能が低下すると、細胞も元気がなくなるがヒアルロン酸は作り出す。
だが、古いヒアルロン酸を分解しなくなる。
体のいろんな部分に古くなったヒアルロン酸がたまり、全身がむくむ。

病名は甲状腺機能低下症

薬を飲み始めて1月でむくみ解消。
甲状腺ホルモン剤

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑