むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 総合内科

むくみもどき。
全身の臓器がむくんでしまう状態。
対策がきかないむくみは要注意。
足だけじゃなく全身むくんで指輪を切断した人も。

特徴的な症状は?

内臓むくみといわれる状態。
冷え、抜け毛、動悸、肥満、便秘、息切れ、抜け毛などの症状がある。
視界が狭まるのは、むくんだのはまぶたのせい。
足も手もむくんできた、命に危険が迫る。
激しい、手や顔のむくみで呼吸困難の後、入院。

健康診断で心陰影拡大と言われる場合もある

健康診断で要精密検査の人も。
心陰影拡大。むくみもどきは心臓が大きくなる。
心臓から送られる血液が3倍多い。
普通に寝ているとき呼吸できない状態、声が出なくなる。

むくみもどきを見つける方法

声で見分ける

声が低くなった?
むくみが声帯にもおよび、発しづらい、声が低くなる。

指で5秒強くおしてくぼまない

指で見分ける。
むこうずねのあたりを強く押す。
へこむのが普通のむくみ。
へこまないのがむくみもどき。

ヒアルロン酸、ゼリー状の物質は体の細胞が作っている。
なんのためか、細胞と細胞の隙間をうめるクッションとしてヒアルロン酸が足にたまり過ぎてむくんでいる。

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり
首のエコーでむくみの犯人を特定。
片側が腫れている甲状腺の働きが低くなっている可能性がある。
甲状腺は直径が5cmの臓器
全身の60兆の細胞に必要なホルモンを作っている。

ヒアルロン酸は皮膚に入れてしわととる。
ヒアルロン酸を微調整する白い粉
さらさらの液体にするヒアルロン酸を分解する酵素

甲状腺の機能が低下すると、細胞も元気がなくなるがヒアルロン酸は作り出す。
だが、古いヒアルロン酸を分解しなくなる。
体のいろんな部分に古くなったヒアルロン酸がたまり、全身がむくむ。

病名は甲状腺機能低下症

薬を飲み始めて1月でむくみ解消。
甲状腺ホルモン剤

関連記事

便秘はくも膜下出血になりやすい

便秘はくも膜下出血になりやすい

脳動脈瘤が破裂し脳内出血を起こす病気

記事を読む

no image

インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

私のブログでもアクセスがほとんどないイン

記事を読む

日本人のための癌予防法

日本人のための癌予防法

駆け込みドクターの名医達が導き出した、日

記事を読む

no image

通風、尿酸が高い状態が長く続くとプリン体

尿酸のトゲの結晶、尿酸塩結晶、高尿酸結晶

記事を読む

no image

恋で胸が苦しく布団に入ったら心臓がどきどきする

心臓がどきどきするのと寝ることについての

記事を読む

no image

右下腹部痛は肺の関連痛だった、膿胸、胸膜炎

総合診療医ドクターG ベテラン漁師58

記事を読む

no image

寝つき,寝起きが悪いすっきり目覚める方法と朝食

寝つき、寝起きが悪いをすっきり目覚める方

記事を読む

病名は鎖骨下動脈盗手症候群

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上り

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

no image

働くがん患者は解雇、左遷、異動、転職、退職の3人に1人

高齢化に伴って癌になる人が増えている。働

記事を読む

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑