寝れない時、寝れる裏技!タッピング療法!駆け込みドクター

公開日: : 総合内科

駆け込みドクターで、寝れない時、寝れるようになる裏技が紹介されていました。

タッピング療法

頭から顔にかけて30秒~1分かけて規則的に優しく叩くのです。
優しく触れる刺激が副交感神経を刺激し、1分で眠くなるそうです。
できれば、誰か別の人にしてもらうともっと効果が出る。

仕事の前や集中したい時、手首を触れるのも緊張が取れるそうです。
是非タッピング療法で快適な睡眠を目指しましょう!

お肌のゴールデンタイムは午後10時から2時は間違い

成長ホルモンは、就寝後のノンレム睡眠、初めの3時間にしっかり出る。
最初の深い睡眠を得るのが大事。

早く寝ようと無理してもだめ。
しっかり深い睡眠を取るのが重要。
できれば午前0時までに就寝。

眠くなるまで寝床に入るな

無理やり布団に入って寝るようにすると眠れないことの不安感がよけいに眠れない。
睡眠の質も悪くなる。
30分寝れないなら、布団からでて暗い部屋で寝るまで待つ。
音楽を聴くなどリラックスしてから改めて寝るのが深い睡眠をとるお勧めの方法。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑