寝つき,寝起きが悪いすっきり目覚める方法と朝食

公開日: : 総合内科

寝つき、寝起きが悪いをすっきり目覚める方法とは光にありました。
東京都港区のASLEEP東京、快眠ルームは落ち着いた色使いの部屋。
すっきり目覚められる工夫がありました。
朝になると徐々に明るくなってくる、寝つきの改善、時計遺伝子、体内時計を利用した置き方なのです。

寝た方が疲れると思ったら、休日にいつもより多く寝るとリズムが乱れる

休みの日でも朝同じ時間に起きることで、
血圧や体温の変化、ホルモン分泌、臓器の活動、リズムの体内時計を整えてすっきり目覚める。
これで寝つき、寝起きが悪いのを対策!

メインタイマー・中枢時計

脳にあり睡眠や覚醒など約1日周期の複雑な生態リズムをコントロールする。
光に制御される。目を閉じていながらまぶたを通して朝を感知、徐々に覚醒。

サブタイマー・末梢時計

臓器や血管・皮膚などにあり別個の時を刻みながら栄養の吸収や分解、ホルモン分泌を管理。

眠気を誘うホルモンがメラトニン

睡眠中は分泌が続くが、脳が光を感知するとメインタイマーが作動し、分泌がストップ。
2度寝はメラトニンの分泌が原因の場合も。

メラトニン分泌の周期は17時間

メラトニン分泌は再び分泌するまで17時間後。起床後。
寝つきをよくするには寝たい時間から逆算して朝日を浴びるのがよい!!

朝日は体内時計1日平均時間24時間10分前後。1週間で1時間のずれ。
朝日はこのずれを調整する効果もある。
夜寝るときレースなど日の光がはいるカーテンにしましょう。

メインタイマー・中枢時計を調整する

朝食は一日の食事量の4分の1を朝食で摂取する。
炭水化物とたんぱく質をあわせて取ることが大事。
スタートはしっかり朝食でサブタイマー活性。

サブタイマー・末梢時計を調整する

朝食で、様々な臓器が働くことによりメインタイマーと同調
心拍数や血糖値をあげて体を動かす準備が整う。

2つの体内時計をコントロールしてすっきり目覚める

カーテン 太陽光が直接 目に入らないように注意が必要。
カーテンを少し開けることで明け方から徐々に明るくなり無理なく目覚めるようにするなど工夫する
光は浴びる時間帯で効果が違う。朝10時までに光を浴びるのが一番効果的。

夜寝る前にパソコン携帯ブルーライトを2時間以上浴びるとメラトニン分泌量が減る

パソコンや携帯を夜中に ブルーライトを2時間以上浴びると。
メラトニンの分泌が4分の1になり覚醒を促す可能性がある。
寝る前は電子書籍、パソコン、携帯しないほうが言い。

関連記事

no image

摂食障害の治療方法は?体力の限界まで待つ信頼

では摂食障害なのか? 親から食べ物

記事を読む

no image

チョコレートで血圧が下がる

チョコレートに降圧効果あり。 愛知県蒲

記事を読む

コレステロールを下げる粉末の高野豆腐

コレステロールを下げる粉末の高野豆腐

粉豆腐は長野ではよく食べ続けられている、

記事を読む

no image

関連痛-脊髄神経の領域で脳が痛みの場所を取り違える

ひとつの病気で一つの場所で説明するには関

記事を読む

no image

デザートと別バラ、脂肪、油は学習記憶障害が起きる

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

寝違えが起こる理由、病名は頚椎捻挫

寝違えが起こる理由、病名は頚椎捻挫

寝違えは医学用語ではない。 医学用語で

記事を読む

gan2

日本の癌の治療法。手術が圧倒的に多い

癌の治療法はおおきく3つ 手術

記事を読む

no image

胃薬とジュース、便秘薬は牛乳と一緒に飲んではいけない

平成26年11月23日の駆け込みドクター

記事を読む

no image

高熱の時はおへその上を冷やす

風邪を治すには体温を上げるが効果的。

記事を読む

no image

がんって何?特徴や早期診断できる大きさを解説

がんになる確率。 日本人の2人に1人が

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑