高熱の時はおへその上を冷やす

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 総合内科

風邪を治すには体温を上げるが効果的。
だけど上がりすぎるのも困る。
熱が出たとき冷やすところは「おでこを冷やす」ではない。

高熱のときはおへその上を冷やす

小さな子供がおでこにヒエピタシートを張っているが、
すぐあったまってしまって逆に保温効果になってしまっている。

おへそを冷やすと効果がある理由は、おへそには大動脈が通っている。
大きな血管を冷やすことで体を冷やすことができる。
これを使うのは緊急の方法で38.5度以上の時。
子供やお年よりは注意。

氷がなければ水道水、で湿らせたタオルを5分~10分でもいい。
1度さがればいい。
座薬も無い、何も無い緊急時に冷やしましょう。

解熱剤で熱を下げるのはよくない?

自分の防御機能で戦わないといけない。
すぐ冷やすと風邪が長引く原因になる。
体温を下げるのは、38.5度以上でばてる、朦朧とする時に冷やすのがいいです。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑