高熱の時はおへその上を冷やす

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 総合内科

風邪を治すには体温を上げるが効果的。
だけど上がりすぎるのも困る。
熱が出たとき冷やすところは「おでこを冷やす」ではない。

高熱のときはおへその上を冷やす

小さな子供がおでこにヒエピタシートを張っているが、
すぐあったまってしまって逆に保温効果になってしまっている。

おへそを冷やすと効果がある理由は、おへそには大動脈が通っている。
大きな血管を冷やすことで体を冷やすことができる。
これを使うのは緊急の方法で38.5度以上の時。
子供やお年よりは注意。

氷がなければ水道水、で湿らせたタオルを5分~10分でもいい。
1度さがればいい。
座薬も無い、何も無い緊急時に冷やしましょう。

解熱剤で熱を下げるのはよくない?

自分の防御機能で戦わないといけない。
すぐ冷やすと風邪が長引く原因になる。
体温を下げるのは、38.5度以上でばてる、朦朧とする時に冷やすのがいいです。

関連記事

no image

血圧の上と下どっちが危険?

血圧には上と下が有る。 どちらが危険か

記事を読む

no image

風邪で咳が酷くて寝れないときは?

副腎皮質ホルモンは医薬品にも使われている

記事を読む

no image

りんご病は治療法無し一週間で自然に治る、だが流産の恐れ

子供のほっぺたが赤くなることからりんご病

記事を読む

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン

トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン

記事を読む

no image

睡眠時間、若い世代、働く世代、熟年世代

世代別に、ぐっすりストレス無く良眠できる

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

休肝日とトマトジュース

休肝日とトマトジュース、炭酸でうがいは効果なし

駆け込みドクターで、都市伝説を医師が回答

記事を読む

病名は鎖骨下動脈盗手症候群

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上り

記事を読む

no image

NHKテレビに研修医が出演,ドクターG,答えは破傷風でしたね

山登りハイキングで、首が痛いと悩む人の受

記事を読む

no image

テニスボールでストレートネックを改善

膝関節痛をテニスボールで治す関節包内矯正

記事を読む

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑