風邪の時はおかゆをよく噛んで食べる

1回口のなかでよく噛んでよく消化してから飲み込むのがいい。
よく噛めないのがお粥では?
噛まなくてすむようにおかゆにしている。
ですけれどもあえて噛みましょう。

おかゆを噛んで食べる理由

風邪の時は食欲が落ちてしまいます。
栄養を摂らないといけない。
消化のいいおかゆは最適。
飲みこんでしまう、風邪を引くと消化力が低下しているところにどーんと入るのは困る。
食べやすいからといって飲み込んでしまうと消化にエネルギーを使ってウイルスと闘う力が減る。

おかゆのトッピング

梅干は酸味で食欲を促す
体を暖めるというと、しょうが、ネギ、にんにくがいい。
しょうがの体温める辛味:ジンゲロールが血流をよくして体をあっためる。

風邪を引きかけると、ショウガ紅茶を飲む。
ハチミツとショウガで紅茶の殺菌効果もテアフラビンも追加。

風邪を引いた時食べないほうがいいもの

冷たいもの。
ダイエットで野菜から食べろというが、サラダは冷たい。
体が心から冷えるから、温野菜にして食べるのがいい。
焼いたみかんもいいですね。
酸っぱいみかんを皮ごと焼くと水分が飛んで甘くなる。