便秘はくも膜下出血になりやすい

公開日: : 最終更新日:2016/05/09 総合内科

便秘はくも膜下出血になりやすい
脳動脈瘤が破裂し脳内出血を起こす病気。50%の確立で死ぬ。
脳のこぶは便秘がちな人はいきむと血圧が上昇し、破裂する可能性があります。
正常なら血圧4~5倍でも耐えられるが、動脈りゅなどは絶えられないのです。

便秘のいきみで失明する可能性もあります

いきむことで失明する可能性もあります。
目の血管の網膜の血管がやぶれて眼底出血。
血液は外に出ると毒になる。

家族と喧嘩してカッと声を上げたとたん出血した人も。
強く咳くしゃみでぴかぴかして見える現象も一時的に血圧が上がっているから。
糖尿病高血圧で網膜が弱くなっていると危ない。

月曜日や台風に脳出血しやすいというデータも

他の原因は月曜日になりやすいというデータも。
仕事、ストレスで血圧が上がって動脈瘤がブチ。
台風も影響しているというデータも。
台風は低血圧なので血圧が高くなる。

脳動脈瘤の手術は開頭だけではなく、太ももから針金を入れる脳動脈瘤の手術もある。
脳の動脈瘤に血液がたまり、破裂し脳内で出血を起こす病気、
脳の動脈瘤の部分にプラチナの針金で埋める。身体に害はない一生物。
カテーテルは向きが変えられる、ふとももから脳まで2~3時間で終わる。

なりやすい人 なりにくいひと

太っているほうが多いイメージだがくも膜下出血は痩せている人が多い。
太っているほうが血管の壁が厚いのではないか。
脳梗塞に一番良くないことは脱水状態で血液がどろどろになること。

隠れ脳梗塞、首の後ろから脳に行く血管、首をぼきぼきならしたりするのよくない。
魚、サバいわしがいい。さつまいもは血管の炎症を抑える成分が入っています。

関連記事

no image

睡眠時間、若い世代、働く世代、熟年世代

世代別に、ぐっすりストレス無く良眠できる

記事を読む

no image

危険なウイルスワースト5は死亡率で決まる!

今知っておくべき、危険なウイルスワースト

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

むくみもどき。 全身の臓器がむくんでし

記事を読む

no image

風邪には暖かいお茶でうがいをする

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。

記事を読む

no image

生活習慣などで変化する遺伝子、遺伝の癌は5%程度

がんを早期に発見できる検査が遺伝子検査。

記事を読む

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

no image

熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。

記事を読む

夏バテが治らないは結核。だるさが抜けない。仕事も困る

夏バテが治らないは結核。だるさが抜けない。仕事も困る

35歳男性、主訴、夏バテが治らない。

記事を読む

病名は鎖骨下動脈盗手症候群

左手、腕を上げるで2回の失神の原因は鎖骨下動脈の狭窄・閉塞

2週間前も62歳おばあちゃんがお風呂上り

記事を読む

no image

テニスボールでストレートネックを改善

膝関節痛をテニスボールで治す関節包内矯正

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑