青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

公開日: : 最終更新日:2014/04/01 総合内科

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが好き。
漬物、塩漬け 日常的に食べられている。
塩分取りすぎは青森県の食習慣が問題。

冬は雪で外に出られないから保存食に防腐効果の塩を大量に使う

三大死因である心臓病死因も一位。
脳卒中死亡3位。
雪で外に出られない、家にあるものを食べる保存食品。
降雪量第一位。保存食が重宝される。
防腐効果の塩を大量に使う。

同時にカップラーメンの消費量も1位

青森県民はカップラーメンを良く食べる。
天気が悪いと雪で外に出られない。
保存食として大量にストック。
インスタントラーメン年間消費量一位青森県。

カップラーメンの塩分約6グラム。
厚生労働省1日塩分は男性10グラム、女性6グラム。
するめは塩分は高めでカロリーは低い。

娯楽施設がなく雪で室内で楽しめる酒やタバコが浸透

アルコールが大好き。
飲酒習慣率全国一位。
週3日以上酒を飲む人は50%以上。
タバコの喫煙率全国一位、44%の人がタバコを吸う。
雪が多く娯楽施設が少ないため、室内で楽しめる酒やタバコが浸透したため。

短命な理由は塩分過多、飲酒喫煙。
青森県ではがん生活習慣病対策課を設立。
知事がBBシスターズをつくり、雪で運動不足になりがちなので運動を指導する平均77歳長生きサンバ4分以上有る。
名前はB米寿までBブライト、米寿まで元気にという意味。
一日に歩く歩数全国ワースト2位。
健康診断受診率も低い。

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑