青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

公開日: : 最終更新日:2014/04/01 総合内科

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが好き。
漬物、塩漬け 日常的に食べられている。
塩分取りすぎは青森県の食習慣が問題。

冬は雪で外に出られないから保存食に防腐効果の塩を大量に使う

三大死因である心臓病死因も一位。
脳卒中死亡3位。
雪で外に出られない、家にあるものを食べる保存食品。
降雪量第一位。保存食が重宝される。
防腐効果の塩を大量に使う。

同時にカップラーメンの消費量も1位

青森県民はカップラーメンを良く食べる。
天気が悪いと雪で外に出られない。
保存食として大量にストック。
インスタントラーメン年間消費量一位青森県。

カップラーメンの塩分約6グラム。
厚生労働省1日塩分は男性10グラム、女性6グラム。
するめは塩分は高めでカロリーは低い。

娯楽施設がなく雪で室内で楽しめる酒やタバコが浸透

アルコールが大好き。
飲酒習慣率全国一位。
週3日以上酒を飲む人は50%以上。
タバコの喫煙率全国一位、44%の人がタバコを吸う。
雪が多く娯楽施設が少ないため、室内で楽しめる酒やタバコが浸透したため。

短命な理由は塩分過多、飲酒喫煙。
青森県ではがん生活習慣病対策課を設立。
知事がBBシスターズをつくり、雪で運動不足になりがちなので運動を指導する平均77歳長生きサンバ4分以上有る。
名前はB米寿までBブライト、米寿まで元気にという意味。
一日に歩く歩数全国ワースト2位。
健康診断受診率も低い。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑