恋で胸が苦しく布団に入ったら心臓がどきどきする

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 総合内科

心臓がどきどきするのと寝ることについての駆け込みドクターの質問をご紹介します。
あの人を思うと、次はああ話そう、電話番号聞こう、メールアドレス聞こう、どんな休日を送っているのかな?彼女、彼氏はいるかな?など、いとしく思うと思います。これも脳のホルモンが原因なのですね。

布団に入ったら心臓がどきどきする

布団に入った時とか心臓がどきどきする。
どきどきするのは、大きくゆっくり2つの脈がくっつく。
動悸、心臓のどきどきは不整脈の可能性が高い。
心拍のリズムがずれる、強いめまい、息切れめまいは心臓疾患の可能性があります。

恋で胸が苦しく痛くなるのはなぜ?

30代俳優からの質問で、恋をすると胸が痛くなったり、苦しい、いとしく思うと胸がキューっと痛くなる。
恋で胸が苦しくなるのはなぜ?
胸キュンホルモンと呼ばれている、PEAが出るため。
脳内ホルモンでジェットコースターに一緒に乗ったときとかでやすい。
このPEAホルモンは食欲を減退させる効果があり、食べ物が喉を通らない。
フェニルエチルアミン、PEAホルモンが多く分泌されたため美肌効果、食欲減退効果、女性は恋をすると綺麗になるという言葉は科学的正しいのですね。

20代俳優、寝起きが特に悪い人がいる。朝すっきり目覚める方法は?

睡眠ホルモンのメラトニンは日光を浴びると下がる。
起きてすぐ光に当たる。
本来寝る時間に強い光を浴びるとメラトニンでなくなり不眠。
目覚めてから3時間以内に日光を浴びる。
靴下はいて寝るのは逆効果、汗書いたりして余計に冷えるのは足のセンサーが狂うため。

寝すぎはよくないの?

休みの日に12時間とか寝るのは寝すぎ。
睡眠時間は7時間がちょうどいい。死亡率が少ない。
4時間以下だと死亡率1.6倍、10時間以上で死亡率1.6倍。
睡眠時間が4時間以下でも10時間以上でもリスクは高い。
寝ぶそく寝すぎは生活習慣病につながる。
ナポレオンは3時間、ダヴィンチ90分、アインシュタイン10時間と人によって熟睡時間は違う。

関連記事

no image

便秘を出す方法うつぶせと8時間の空腹

便秘の原因は腸のぜんどうを妨げるガス。

記事を読む

no image

りんご病は治療法無し一週間で自然に治る、だが流産の恐れ

子供のほっぺたが赤くなることからりんご病

記事を読む

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン

トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン

記事を読む

no image

デザートと別バラ、脂肪、油は学習記憶障害が起きる

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

胃癌が治る、胃癌予防野菜ジュースの作り方

胃癌が治る野菜ジュースの作り方

日曜朝の健康カプセルでステージ4の余命1

記事を読む

no image

こむら返りと御茶ノ水血管外科、下肢静脈瘤センター

寝ている時突然足がつるこむら返りには驚き

記事を読む

がんの危険信号、初期症状、主訴

がんの危険信号、初期症状、主訴

よく、がんは貧血や体重減少があれば疑うと

記事を読む

no image

風邪には暖かいお茶でうがいをする

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。

記事を読む

1%の脱水でも脳は痛みに過敏、神経過敏になる

熱中症になりやすいは筋肉が水分を溜めて防止。ドライボディーとは?

熱中症、血液ドロドロためして合点SPより

記事を読む

no image

40代女性が息苦しいはリウマチ熱による僧房弁膜症だった

ドクターGより、40代女性の息苦しい主訴

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑