顔、まぶたの赤みで胃がん、肺がん、乳がん

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 総合内科

木沢記念病院の皮膚科、北島先生。 
目で見てわかる、危険な病気のサイン。

皮膚症状ランキング

3位 水ぶくれは類天疱瘡?

靴擦れや手足口病、とびひ、帯状疱疹がありますが、他に命に関わる危険な水ぶくれがあります。
腕や足、お腹などに1~2個、1cm以上でかゆみがある水ぶくれ。

類天疱瘡(るいてんぽうそう)国の難病指定です。
免疫細胞が暴走、皮膚の表面と内側を攻撃する自己免疫疾患。
ほおっておくと全身の皮膚に及び欠陥に細菌感染から死にいたることも。
70歳以上に多い、15000~20000人。

早期発見が大事。
その場所がすれていなくても水ぶくれができるという特徴。
かゆみでかいた後がみずぶくれも要注意。 
破けにくいのも特徴。皮膚の表面より下にできるので破けにくい。

2位 上のまぶた、顔の赤み

化粧品のかぶれやアレルギーによる顔の赤みなどもありますが、特にまぶたにでる赤み、左右のまぶた、赤くなり少し腫れがある。

胃がんの疑いがあるのです。
肺がんについで死亡者数が多い、早期で気づくのが難しい癌です。
かゆみがないのが特徴。
アレルギー反応ならば、かゆみやぽつぽつがでる。
がんによる赤みは皮膚の奥で赤みがある。 
胃がん、肺がん、乳がんなど、癌を攻撃する細胞が免疫細胞が正常な皮膚の細胞を誤って攻撃。薄くて弱いまぶたに症状が現れる
まぶたの赤みと一緒に手の関節の赤みも特徴。

関連記事

no image

突然死は心室細動、動悸、息切れ、胸の痛み

不整脈は年間およそ5万人以上、病院以外の

記事を読む

学校に行けない病気といえばNEETに多い睡眠相後退症候群

おそねおそおき、睡眠不足で太る?は本当です

睡眠不足で太る?は本当です 睡眠不

記事を読む

胃癌が治る、胃癌予防野菜ジュースの作り方

胃癌が治る野菜ジュースの作り方

日曜朝の健康カプセルでステージ4の余命1

記事を読む

no image

寝つき,寝起きが悪いすっきり目覚める方法と朝食

寝つき、寝起きが悪いをすっきり目覚める方

記事を読む

no image

便秘に食物繊維で腸が詰まり腹痛→救急車

便秘の人がごぼうやさつまいもを食べると逆

記事を読む

no image

風邪は温かいスポーツドリンクを飲む

温かいスポーツドリンクは体液と成分が似て

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

no image

緊張で手汗は病気?ジョギングは昼、朝に下痢

あまり汗をかかない あまり汗をかか

記事を読む

gan2

日本の癌の治療法。手術が圧倒的に多い

癌の治療法はおおきく3つ 手術

記事を読む

no image

長野県そばルチン味噌がん予防老化防止りんご

長生き男女ともに長寿が長野県。 定番の

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑