研修医はゴミみたいな扱い、何も仕事できない下働き

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 総合内科

病院で困った患者

椅子から抜けなくなった男性

ひじつきの椅子にはまって取れなくなった。

やたらと照れるオネエ

見た目は胸が大きくてきれいな方でも男。
やたら照れる、やだ~とモジモジする。もー早くして~って言う。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【【高額商品】【3倍】】研修医当直御法度百例帖第2版 [ …

女医の前で全裸になった男性患者

40代ぐらいの男性。診察に入ったらいきなり脱ぎだして全裸。
あそこにできものができたので薬を塗って欲しい。
靴下と靴は履いている。自分で塗ってくださいと言った。

医者の職業病

フライドチキンを食べると骨を観察

骨や筋肉を見る 手術 チキンもものところ。
分けていくと神経や筋肉や軟骨が見える。

UFOキャッチャー

内視鏡で腸のポリープをとる。
2mm~3mm、カポってきれいに摂る。
UFOキャッチャーが上手くなった。
医者になって気が付いたら連続して5個取れた。

ドラマかっこいい医者いない

全然いない。
ネルシャツ、ボタンの上、シャツをインする。

病院を裏でお局

気を使う、学会のお土産はかかさない。
看護師に研修医時代は医者もいじめられる。
当直明け、今じゃなくて翌日でもいい用事で疲れて寝ていると呼ばれる。
研修医はゴミみたいな扱い。
研修医は何も仕事できない下働き。
部長の先生は自分を人だと思うと辛いから、奴隷だと思うと辛くないですよといわれる。


困った患者さんにどう活かす診療室の行動科学 困った患者さんにどう活かす 親子へのアプロー…

関連記事

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑