寒暖差アレルギーとは?外で鼻水が出る

公開日: : 最終更新日:2015/03/14 総合内科

風邪でもないのに鼻水がタラリ。
それは寒暖差アレルギーかもしれません。
私も一日に何十回と鼻をかみます。
でもアレルギーでも風邪でもないのです。
まさにこれですね。

寒暖差アレルギーとは

寒暖差アレルギーとは?外で鼻水が出る
暖かい部屋から寒い外に出るなどで温度差によって鼻の入り口付近の粘膜が刺激され腫れれてくる状態。

症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまりなので、30代以上女性に多い。
アレルギーとの違いは、目に症状がないこと。

長引くと、風邪と自己診断するのも危ない。
放置すると副鼻腔炎(蓄膿)や咳症状など呼吸系の合併症を引き起こすことも。
なかなか治らない副鼻腔炎には、自分の免疫が原因で起こる、好酸球性副鼻腔炎という病気もあります。この場合は病院ではないと発見できませんので、思い当たる節がある方は病院で相談してみましょう。

関連記事

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑