風邪には暖かいお茶でうがいをする

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 総合内科

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。
風邪を引いた後にうがいするのもいい。
喉のウイルスや炎症をうがいで消毒したり治す作用がある。
お茶の緑色のカテキンが入っていて殺菌作用があり、新たなウイルスや細菌が侵入しにくくなる。

カテキンの含有量は温度で変わる

温度70度~80度でカテキンが多く出る。
苦味成分がカテキン。熱いお茶をいれて少し冷ます。

風邪を予防もできるし治すことも出きる。
うがい薬はちょっと殺菌作用が強い。
殺菌作用で喉が渇いてしまう。
強い感染のときはいいが、うがい薬した後、もう一回水でうがいするのがいい。

焼酎の水割りでうがいは余計にひどくなる?

アルコール消毒になるので殺菌される。
ばい菌はいなくなるが、治ろうとしている細胞が死んでしまう。
またそれを治さないといけないからなかなか治らない。

うがいは飲んでもいい。
のどの形によってうがいの上手い下手がある。
うがいと手洗い。
風邪を引いている時こそ手洗い。

関連記事

no image

摂食障害の治療方法は?体力の限界まで待つ信頼

では摂食障害なのか? 親から食べ物

記事を読む

no image

りんご病は治療法無し一週間で自然に治る、だが流産の恐れ

子供のほっぺたが赤くなることからりんご病

記事を読む

no image

血圧の上と下どっちが危険?

血圧には上と下が有る。 どちらが危険か

記事を読む

no image

高熱の時はおへその上を冷やす

風邪を治すには体温を上げるが効果的。

記事を読む

連鎖型の原因はハンノキの花

野菜や果物アレルギーの原因は植物アレルギーかも

果物を食べると喉の内側がかゆくなる。

記事を読む

酢豚にパインが入っている

むくみ、動脈硬化は豚肉

むくみには豚肉 血管から染み出す水

記事を読む

no image

インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

私のブログでもアクセスがほとんどないイン

記事を読む

no image

関連痛-脊髄神経の領域で脳が痛みの場所を取り違える

ひとつの病気で一つの場所で説明するには関

記事を読む

no image

サボり病?月曜日だけ元気になる続発性副腎不全 ACTH欠乏症

体温36.5 血圧128/84 脈拍76

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑