風邪には暖かいお茶でうがいをする

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 総合内科

予防ではなく風邪を引いてからでも効果有。
風邪を引いた後にうがいするのもいい。
喉のウイルスや炎症をうがいで消毒したり治す作用がある。
お茶の緑色のカテキンが入っていて殺菌作用があり、新たなウイルスや細菌が侵入しにくくなる。

カテキンの含有量は温度で変わる

温度70度~80度でカテキンが多く出る。
苦味成分がカテキン。熱いお茶をいれて少し冷ます。

風邪を予防もできるし治すことも出きる。
うがい薬はちょっと殺菌作用が強い。
殺菌作用で喉が渇いてしまう。
強い感染のときはいいが、うがい薬した後、もう一回水でうがいするのがいい。

焼酎の水割りでうがいは余計にひどくなる?

アルコール消毒になるので殺菌される。
ばい菌はいなくなるが、治ろうとしている細胞が死んでしまう。
またそれを治さないといけないからなかなか治らない。

うがいは飲んでもいい。
のどの形によってうがいの上手い下手がある。
うがいと手洗い。
風邪を引いている時こそ手洗い。

関連記事

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑